スポーツ

王貞治、あの「代打の切り札」V9戦士を覚醒させた「運命の言葉」とは!

 1973年は、「巨人V9時代」の最終年にあたるが、それでも、野手では長嶋茂雄氏、王貞治氏、柴田勲氏、高田繁氏、土井正三氏(故人)、投手では堀内恒夫氏、高橋一三氏(故人)といったスター選手に溢れていた。

「打倒、巨人」に他球団は燃えていたことだろうが、反面、他球団に移れば、レギュラー、ならびにクリーンナップを打てた選手も、思いのほか存在したのではないだろうか?

 1966年のドラフトで西鉄ライオンズに入団。69年から79年は巨人に籍を置き、「巨人V9時代」の後期を準レギュラー、代打の切り札として支え、「巨人史上最強の五番打者」とも呼ばれた、柳田真宏氏もその1人に数えられるだろう。

 そんな柳田氏が、元プロ野球選手・大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉の、12月29日付け投稿回に出演。「柳田さんも、よその球団行ってたら、普通にクリーンナップですもんね?」と大久保氏が質問すると、柳田氏は「ピンチヒッターを何でオレがやってて、やめなかった(のか)っていうのはね…」と前置きしてこんなエピソードを振り返った。

 あるホテルで柳田氏が4、5人でお茶を飲んでいたときのこと。王氏が現れ、「お前すごいな」と声を掛けられた。「何がですか?」と聞いた柳田氏に王氏は、「よく1打席で結果出せるな」と言ったのだそうだ。

 柳田氏は、

「“王さんができないことをオレやってるのか”って、その時思ったね。よーし!(代打の)切り札になってやろう!」

 と決意したのだそうだ。巨人に移籍して5年目の73年のことだそうである。その王氏の言葉がなければ、契約更改時にトレードに出してもらおうと考えていたそうだが、翌74年には、5番打者として31試合、4番打者としても1試合に出場する機会に恵まれ、規定打席には達しなかったが、打率「.335」の結果を残したのだった。

 王氏の偉大な功績は、グラウンド上だけではない。そんな、王氏の人格者ぶりがわかる心に沁みる秘話であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋