芸能

小泉今日子じゃない!“落語界のキョンキョン”が本格ドラマデビューでネット喝采

 1月21日よりスタートした“金10”の連続ドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系)の第1話の視聴率が7.7%(世帯平均視聴率)であることがわかった。まずは物語について触れておこう。主演の堤真一扮する新島圭介は、10年前に事故で亡くした石田ゆり子扮する妻・貴恵のいない人生を未だ受け入れられずに覇気のない生活を送っていた。そんなところに、子役・毎田暖乃扮する小学生の女の子に生まれ変わった貴恵が新島親子の前に現れ…といったファンタジー要素を交えた家族再生の物語。大人気コミックの実写化である。

 芸能ライター初回の反響についてこう語る。

「SNSなどでは、子役・毎田暖乃に対しての称賛が目立ちました。《子役(いや妻役か)すげ~》《子役の演技の上手さがヤバい》などの声が大方でした。しかし、一方で注目されるのが、落語ファンが中心と思われる反響でした」

 例えば、〈いいねぇ、喬太郎さん、絶妙な胡散臭さ!〉〈落語見ない人には誰このおっさんの柳家喬太郎。その世界では大物なのだよん。〉〈実はめちゃくちゃスーパースターなんですよ~喬太郎師匠は〉〈柳家喬太郎さん!!!ウルトラマンネタをぶっ込んでくれないかなぁ〉といった声だ。

「“キョンキョン”こと噺家の柳家喬太郎が、寺カフェのマスター兼僧侶役として出演していることに、喜びを隠せない人が大勢いたようです。喬太郎と言えば、メディア出演こそ少ないものの、今、最もチケットが取れない落語家と称されており、新作落語で落語界に風穴を開け、落語に馴染みの少ない女性ファン層をも開拓してきた一人とされています。昨年公開された高畑充希主演の映画『浜の朝日の嘘つきどもと』にて、本格的な役者デビューを経験しているものの、レギュラーでの連ドラ出演は初めてのはずです」(前出・芸能ライター)

 落語界では、柳家一門及び落語界のレジェンドであった、人間国宝・柳家小三治師匠が昨年末、鬼籍に入り、さらに、喬太郎が影響を受けたと言われている、新作落語の旗手であった三遊亭円丈師匠も相次いで亡くなっている。

「大々的なテレビ出演を控えてきた柳家一門の中で、本格的にテレビでの俳優デビューを果たしたことは、落語界にとって大きな意味合いを持っているのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

 喬太郎師匠の“笑い”効果で、“おあとがよろしくなる”ことに期待を寄せたい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
4
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史