芸能

林家木久扇「長く入院していたら普通のおじいさんになる」と思ったワケ

テリー 今度「バカのすすめ」という本を出されますよね。やっぱりバカになるって大事ですか。

木久扇 そうですね、これはまた骨折の話とつながるんですけど。骨を折ったのがバカな話で、新聞のチラシに2リットルのペットボトルのお茶が1本100円って出てたんですよ。それで、自分でスーパーに行って2本買ってきたんですよ。

テリー もう金あるんだから、いいじゃないですか。

木久扇 いや、「得した」という気持ちがゾクゾクするんです(笑)。それでね、週刊誌なんかも買って、重いですから、それをビニール袋2つに分けて、持って帰ってきたんです。で、ドアを開ける時に、袋を右手から左手に持ち替えたら、スーッと吸い込まれる感じで、ドンッて倒れちゃったんですよ。それで結局、骨折だっていうんで、救急車で大学病院に運ばれたんです。

テリー たった200円なのにね。

木久扇 そしたら病室代が、4人部屋は8000円なんですけど、他の人がいると嫌だから個室を取ってもらったら1日2万7000円だって言うんですよ。で、「3カ月入院してください」って。で、僕はパッと計算して、なんだかんだで、「あぁ、300万円かかっちゃう」と。それで慌てて骨と相談して、1カ月で退院したんです。

テリー いやいや、ゆっくりしてくださいよ。

木久扇 でも、病院ってワゴン車みたいなので看護師さんが薬を運んで来ますでしょ。で、間違えちゃいけないから、毎日「おはようございます」「お名前をおっしゃってください」「生年月日は?」って、そのたびに本名と生年月日を言うわけです。で、気付いたのは「あ、これは普通のおじいさんにされちゃう」と。

テリー ん?

木久扇 芸人でいる時には本名で呼ばれることってないんですね。それが毎日本名と生年月日を言ってたら、普通の人になっちゃうんです。だから、「これは早く退院しなくちゃ」って思ったんですよ。

テリー あぁ、それはよくわかります。だから、当たり前ですけど、師匠は全然バカじゃないんですよね。

木久扇 いや、バカなんですよ。私、もともとは高校の食品科を卒業して、森永乳業に入ったんですね。ところが牛乳缶を持ったり、農場から送られてくる原乳を測ったりしているうちに「こんなことしてる場合じゃないだろう」と。年が23歳でしたかね。やっぱり、せっかく生まれてきたんだから自分の得意なことをやらなくちゃいけないと思って。

テリー それはそうですね。

木久扇 で、出版社に友達がいて、長谷川町子先生の4コマ漫画1枚が5万円って聞いたんですよ。私の月給は5500円でしたから「じゃあ、男の長谷川町子になってやろう」っていうんで、清水崑さんって、かっぱの先生(編注:「かっぱ天国」などの漫画で有名)のところへ入門したんですけど、その辺が自分でもバカだなぁと。

テリー なんでですか。

木久扇 だって、その会社にいれば生活は保障されるし、いろんな施設もあって、箱根に行ったり、療養所もあるし、ボーナスも年に4回出るんですよ。それを切って、売れるかわからない漫画家になろうって、他人から見たらバカですよ。

テリー そう見る人もいるでしょうね。

木久扇 それで今度は、清水先生に「落語家になったほうがいい」って勧められるまま落語家になるんですから。そういうバカさ加減で世渡りをしてきて。だから、「これを本にしたらおもしろいんじゃないか」と思ったんですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え