スポーツ

15歳で金メダル有力候補!女子フィギュア・リプニツカヤの小悪魔実力

20140227d

 片脚をピンと伸ばし、高々と上げたままクルクル回る「キャンドルスピン」を武器に、15歳の小悪魔も優勝候補に名乗りを上げた。ところが、地元開催で多くの声援を浴びるロシアの美少女ユリア・リプニツカヤに、やはり韓国メディアは黙っていられないようだ。

 浅田が転倒した団体戦で、みごとに金メダルを獲得したロシアの原動力は、ショートとフリーで合計214.41点をマークしたリプニツカヤだった。どことなく幼さの残る愛らしい顔だちが「シンドラーのリスト」の切ないメロディに紛れ、柔軟性に富んだ肢体で美しい演技を披露するのだ。

 フィギュアに詳しい在米のジャーナリスト・梅田香子氏がリプニツカヤの実力を解説する。

「彼女はバレリーナでも有利とされる二重関節の持ち主なんです。母親がフィギュアで成功させたくて、2歳の頃から彼女の股関節が広がるように鍛えたといいます。その後、彼女にとって追い風だったのは、ソチ五輪が決まってから、それまで援助がなかったフィギュアの環境が、国をあげて援助されるようになったことです。今や、ロシアでは小さい頃からやる気と才能があれば、親は何もお金がかからないといいます」

 恵まれた環境を手に入れ、実力は開花した。

 すでに英国の大手ブックメーカー・ウィリアムヒル社も2月14日現在、金メダル予想で、リプニツカヤとキム・ヨナのオッズが「2.10」で並び、「5.00」で続く浅田を大きく引き離している。さらには、リプニツカヤとキム・ヨナの直接対決予想にいたっては、「1.80」と「1.91」でわずかの差ながらも“15歳の新星がキム・ヨナ超えする”との予想なのである。

 こんな声に韓国メディアはピリピリムードだ。

「『ヨナのライバルは浅田ではない』と報じて、リプニツカヤを異常警戒していますね。一方でアン・ソヨン大韓スケート連盟理事が、キム・ヨナのジャンプの高さや飛距離をベタボメしたうえで、リプニツカヤの回転不足やエッジの間違いを批判したり、ソウル放送の解説委員がジャンプの不正確さを指摘したりしていた。団体戦での高得点を地元開催の“ホームアドバンテージ”と見て、あくまで実力ではキム・ヨナのほうが上というのを強調した記事を多く見かけます」(韓国事情に詳しいライター)

 前回女王の周辺も騒がせているようだが、前出・梅田氏もこう続ける。

「採点において、技術点以外の部分では、やはりホームが有利だと思います。ジャンプに関しては、彼女は正直言って低い。真央ちゃんが15歳の時はもっと跳んでましたよ。ただし、高いほうが加点はつきますが、低いジャンプは転ばないんです。つまりミスをしない。前回バンクーバーの男子でエヴァン・ライサチェクが4回転を回避して金メダルを獲得したことが象徴するように、ミスをしない、転ばないというのが今のルールでは有利ですからね」

 さらには6月生まれのために15歳でありながら、前年の7月1日までに15歳となっていたため年齢制限に引っ掛からず、9月生まれでトリノ五輪を逃した浅田とは違い、今回の五輪に出場できた強運もある。

「タラ・リピンスキーが長野で金を獲ったのが15歳、サラ・ヒューズがソルトレークで金を獲ったのは16歳でした。彼女たちはその後、すぐにトリプルを跳べなくなっています。15歳ぐらいがピークで終わった選手はいっぱいいますが、リプニツカヤも肉体的全盛期にメダルを獲って引退する可能性はありますね。一方で真央ちゃんは、子供の頃から苦難を乗り越え、ここまでよく頑張ってきましたよ」(前出・梅田氏)

 韓国メディアの注目がロシアの小悪魔に向いているうちに、浅田に悲願を達成してほしいものである。

◆アサヒ芸能2/18発売(2/27号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ