スポーツ

テリー伊藤対談「織田信成」(1)ソチ五輪女子フィギュアの行方を予想!

20140227j_6

●ゲスト:織田信成(おだ・のぶなり) 元フィギュアスケート選手(男子シングル)。87年生まれ。大阪府出身。13年12月、全日本選手権において現役引退を発表した。05年NHK杯で初優勝を果たし、08年には四大陸選手権、NHK杯、全日本選手権で優勝した。10年バンクーバーオリンピックでは7位に入賞。現在は関西大学大学院文学研究科修士課程に籍を置き、指導者として後継者育成に当たる。

 ソチ五輪も終盤を迎え、女子フィギュアに注目が集まる中、昨年現役を引退し、指導者として新たなスタートを切った織田信成氏が登場。浅田真央が挑むトリプルアクセルは「男子の4回転ジャンプ以上に難しい」との言葉に、天才テリーの期待も高まる。

テリー ソチ五輪で世界中が盛り上がっていますが、ズバリ、女子シングルでは、日本のスケートはどれぐらいのメダルがいけそうでしょうか。20日にショートプログラム、21日にフリーが行われますが。

織田 浅田真央選手は絶対に金か銀はいけます。鈴木明子選手、村上佳菜子選手に関しても、本当に昨年12月の全日本選手権で2人ともすばらしい演技を見せてくれたので。

テリー あれだけのプレッシャーの中で、選手はやはりすごいね。

織田 そうですね。

テリー でも失敗することもあるわけですよね。

織田 はい。

テリー 織田さんの現役時代は「あー」っていうため息なんかも、聞こえてきたこともあったでしょう。

織田 ため息がいちばんつらかったですね(笑)。日本だと、周りのお客さんの何万人というため息が聞こえるので、聞くと「見に来てくれたのに申し訳ないな」という気持ちになってしまって。

テリー 今回、団体戦で金メダルを獲得した15歳のロシアのリプニツカヤ選手もいますけど、女子はやっぱり浅田選手とキム・ヨナ選手の金メダル対決かなと思いますが。

織田 実は国際大会の場で浅田選手とキム選手が戦うというのは、今シーズンはまだなかったんです。その一騎打ちがどうなるのかというところが見どころですよね。実力的に差はないと思いますし、浅田選手に関してはトリプルアクセルという大きな武器もあるし。

テリー 全日本選手権では、浅田選手はトリプルアクセルを2回失敗したじゃないですか。あれは逃げずに、勝負に出ていった結果だと思うんですけれども。

織田 トリプルアクセルという技は、今、男子選手たち全員が志している4回転以上に難しい技なんです。やはり女子が挑戦するというのは、肉体的にもそうですし、気持ち的にも非常に負担が大きいジャンプなので、集中力もすごく必要です。

テリー 僕が不思議なのは、他の選手はトリプルアクセルをしないのに、点数がいいですよね。

織田 確かに得点差はあまりありません。でも、それがルールなんですよね。

◆アサヒ芸能2/18発売(2/27号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
3
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
4
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
5
広末涼子、「性の教育&快楽を告白」四十路艶(2)ヒップ割れ目まで限界肌魅せ!