芸能

JP レパートリー中のものまねベスト3は?

テリー JPさんのYouTubeでものまねをたくさん見させてもらったんだけど、けっこう似てないのもあるよね。

JP アハハハハ、そうなんです。とにかく数だけ、バレないようにこっそりやってます(苦笑)。

テリー その中で自分の中のベスト3って?

JP もちろんベスト1は松本さんで。2位は長瀬智也さん、3位は香取慎吾さんです。

テリー 見た。長瀬君、すごく似てた。

JP (長瀬のものまねで)「おはようございます。まさかテリーさんとぉ、一緒に対談できると思わなかったんでぇ。お久しぶりです、長瀬です」。

テリー (拍手しながら)うまい! そっくり!

JP このベスト3に関しては、もともと全員好きだったからやってるのが、いちばん大きいですね。伊勢谷友介さんやGACKTさんとかは「顔が似てるからやったほうがいい」って周りに言われてやり始めたんですけど。

テリー ああ、その2人もすごく似てたな。

JP ありがとうございます。でも最近は、松本さんと川島さんのものまねをする人みたいに言われることが多いです。

テリー やっぱりテレビなんかを見てると「あ、この人はできそう」とかってピンと来るの?

JP そうですね。ただ、今の時代はSNSという、とんでもない黒船がやって来てますので、テレビでよく見る芸能人のものまねをやってるだけだと、30歳以上の方にはわかっていただけるんですけど、10代には一切、刺さらなくなっちゃいまして。YouTubeやTikTokの有名人にも目を配らないといけないという、ちょうど我々はその境目にいる世代ですね。

テリー そうか。じゃあ、昔のものまね芸人よりあっちこっちにアンテナ張ってなきゃいけないんだ。

JP 例えばイベントに行った時に、お子さんからリクエストを募ると「HIKAKIN」とか言われるんですね。それに応えられない自分が嫌なので、僕は音まねとかで「ブンブン、ヒカキンです、ブンブーン」とか、ちょっとやってますね。

テリー これからもどんどんレパートリーを増やして、ものまね芸人として活躍していくと思うんだけど、他に何か目標はある?

JP これはもうずっと呪文のように言い続けてるんですけど、ウルトラマン、仮面ライダー、戦隊ヒーロー、ジブリ、ポケモン、鬼滅の刃、ディズニー、これに出ることが僕の夢です。

テリー へぇ~、それは変わった夢だね。

JP でも、仮面ライダーとかに、例えば博士役とかで芸人さんが出るのはそんなに珍しくないんですよ。アンガールズの田中(卓志)さんとか、なだぎ武さんとかホリケンさんとか。そういうところを狙ってます。

テリー その中で特に出たいのは?

JP 仮面ライダーです。

テリー ショッカー役でもいいの?

JP いやぁ、できれば顔が出る役がいいんですけど(笑)。実は初めて仮面ライダーに変身された方の最年長が片岡鶴太郎さんなんですよ。「仮面ライダードライブ」という竹内涼真さんが主演されたライダーの時に。そういう感じの役で出て、ウィキペディアに「何々ライダーに出た」みたいなことを書くのが夢なんです。

テリー 事務所はどこなんだっけ?

JP 研音です。

テリー ああ、じゃあ全然可能性あるじゃん。

JP そうなんですよ。ライダーとか戦隊ヒーローの主役級の方がたくさんいらっしゃる事務所なので、なんとかねじ込んでいただきたいなと思ってます(笑)。

◆テリーからひと言

 すごく明るいオーラが出ていて、人気者になるのがよくわかるな。これからは和田アキ子さんとかデヴィ夫人とか、芸能界のお目付け役的な女性芸能人のものまねにも挑戦してほしいね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?