スポーツ

韓国出身力士・春日王が激白!「まるで柔らかバネ」入門時の白鵬が見せた凄さ

 新型コロナの影響で延期になっていた断髪式が再開している。元大関豪栄道・武隈(たけくま)親方らに続いて、5月28日には元関脇 豊ノ島・井筒親方、5月29日には元関脇 安美錦(あみにしき)・安治川(あじがわ)親方の断髪式が行われる。なお、白鵬・間垣親方の断髪式は2023年以降になる予定だ。

 さて、ときは2006年七月場所。白鵬にとって、この場所で連続優勝すれば横綱の声が掛かる運命の場所だった。昭和以降で、大関を2場所で通過して横綱に昇進したのは双葉山と照國の2人しかいない。「もしこれに自分が続けば戦後では史上初」。意気込む白鵬。

 初日の相手は小結・朝赤龍(あさせきりゅう)。初日に弱い(?)癖が出たものか、あっけなく送り倒しで敗れた。綱取りのプレッシャーか? それで立て直して2日目から中日(なかび)までは7連勝。そして9日目に迎えた相手は、先場所(五月場所)で優勝決定戦を争った因縁の関脇・雅山(みやびやま)だった。立ち合い得意の左まわしを取りにいくも、頭を下げ過ぎ、叩き込まれて2敗目! もうこれ以上、星は落とせない。その日、北の湖理事長が語ったところによれば、「白鵬の綱取りは13勝以上での優勝が必須」。果たして、優勝の行方は? 白鵬の綱取りは成るのか!?

 一方、本誌独占告白第4弾は、白鵬の横綱土俵入りで太刀持ちを務めた元幕内 春日王さん。春日王は、韓国ソウル市出身。春日山部屋所属。最高位は西前頭3枚目。大相撲史上初の韓国人力士である。「白鵬関が入門してきた時、自分は幕下力士でした。最初見た時は体が細くてびっくりしたことを覚えている」と春日王。「自分も韓国から大相撲の世界に来て、本当に大変でしたから、一門の稽古で顔を合わすと『怪我しないで頑張れよ』といつも声をかけてましたね」。続けて、三段目の頃の白鵬の印象を「とにかくバネが半端なく強かった記憶があります。自分は韓国でシルム(韓国相撲)をやってたから、上半身のパワーには絶対的な自信があったのですが、それを柔らかいバネでうまく吸収されてしまう」とその驚きを語る春日王さんだった。そして、明かされる白鵬入門時の秘話とは…?

 数々のライバル達との名勝負に加え、こうした告白の真実が「白鵬本紀」第3巻「生涯のライバル現る!」で語られている。第1巻「英雄の子」、第2巻「白鵬のいちばん長い日」と併せ、一気読みのチャンスである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す