政治

ロシア軍「超残虐行為」継続の裏に「殺戮マシーン」養成システム

 ロシア軍によるウクライナ侵攻はここにきて激戦区の東部はおろか、首都キーウでも残虐行為の数々が暴かれている。プーチン大統領の国際的な権威は失墜するばかりだ。

 ウクライナ軍の必死の抵抗にあい、キーウから一時撤退の憂き目を見たロシア軍だが、戦闘開始から約50日以上が経過してもなお、一向に「落としどころ」を見つけられない。国際的な批判を免れないのは明らかなのに、なぜいつまでも野蛮な「殲滅戦」を繰り広げるのか。

 キーウ郊外の都市・ブチャ。ロシア軍部隊は集合させた地元民の目の前で、男性1人を公開射殺。ロシア兵士は「我々は汚れを清めるためにやってきた」と大声で宣言した。他にも妻と娘の目の前で「煙草を持っていなかった」との理由で撃ち殺された市民もいた。兵士だけではなく、無抵抗な老人や子供も次々に命を奪われたという。

 ある女性は銃で脅され、若いロシア兵に何度も性的暴行を加えられた。その後、証拠隠滅のために焼き払おうとしたものの、面倒だったのか、着衣のない女性の、焼却途中の遺体が数人並んで放置されていたことも‥‥。

 財産まで根こそぎ奪われた市民も少なくない。多くのロシア兵は同盟国である隣国のベラルーシから、本国の家族の元に強奪した宝石や家電製品を送った。いずれも「戦争犯罪」と断罪される類の蛮行だ。

 日本ではあまりにも残虐だとして放送されていないが、世界のニュース映像では、殺害された遺体が無残に放置されている映像を連日、モザイクなしで放送。ロシア軍に対する非難は強まるばかりなのだ。

 世界最大の国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」のアニエス・カラマール事務局長は、

「ロシア軍が非武装市民に、処刑その他の不法な殺人を行った証拠を集めている」

 と語気を強め語っているほど。平和な日本で暮らす我々にとっては、前時代的で残虐な軍隊が現代社会に存在する事実は、理解の範疇を超えている。

 4月19日発売の「週刊アサヒ芸能」4月28日号では「奪う、犯す、殺す」が当たり前の「殺戮マシーン」養成システムなど、ロシア軍の残虐非道な実態と舞台裏について、さらに詳しく解説している。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
4
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
5
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!