スポーツ

「これは長嶋茂雄か!?」巨人・原監督の「菅野斬り」と「パーン!」連発

 元巨人・岡崎郁氏のYouTubeチャンネル「アスリートアカデミア【岡崎郁 公式チャンネル】」に、巨人の原辰徳監督が出演。「原監督の言動が長嶋終身名誉監督とダブってきたと思うのは私だけでしょうか」「長嶋さんを彷彿させる、パーン!が。」といった歓迎のコメントが寄せられた。「パーン」とは、いったい…!?

 4月24日付け「【vol.6】巨人軍の戦力を徹底解明 坂本 菅野 吉川 岡本 大勢」と題する投稿回。巨人の菅野智之が7回途中、1点ビハインドの場面、安打と失策などで1アウト二、三塁とされたところで降板した、4月15日の阪神戦を振り返ってのことだった。

 エースをスパッと降板させた決断のほどを尋ねられた原監督は「智之は今ね…『なんでだろう』というねぇ、なかなか自分の思ったピッチングができてないので、こっちで少し守ってあげなきゃダメだなというふうに思ってます」とした上で、「智之はトップが浅いような気がしてしょうがないね」と改善点を指摘。

 この「トップ」とは、ピッチャーがボールを投げる直前の、最も腕を引いた際のタメを意味するようだ。

 そして原監督は「ピッチングでもバッティングでも、トップがしっかりして、パーンと切り返せるじゃない」と言うと、その手をトップから振り下ろす。すると「…って」と、再び投球の前のタメを作り、今度はすぐさまバッターが打つ直前の、バットを最も引いた状態を見せた。そこで炸裂したのが「パーン」連発である。

「…っていう感じがあるじゃない。で、パーンと切り返す。パーンと切り返すっていうね」と、身振り手振りで「パーン」を強調した原監督。擬音を駆使した説明が得意だった、ミスターさながらの話しぶりだった。

 当チャンネルでは、定期的に原監督の出演が決まっている。今後も長嶋節が飛び出すか、気になるところである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴