芸能

「27時間テレビ」3年連続放送中止の悲哀舞台裏

 それは確かに英断だが、その理由にはどうもしっくりこない!?

 フジテレビ系列で毎年夏に放送されてきた大型特番「FNS27時間テレビ」が今年も放送を断念することが分かった。

 同番組は「24時間テレビ」(日本テレビ系)に対抗すべく、1987年に誕生。「24時間テレビ」はチャリティーを名目に視聴者から募金を集めていることもあり、感動要素が強い。

 一方の「27時間テレビ」は、お笑い要素が濃いことが特徴となっていたが、昨年、一昨年は新型コロナウイルスの影響もあって、放送中止を余儀なくされた。

 今年も中止となったことについて、番組関係者は、

「今年こそはという思いがあったが、コロナの影響で安全の担保やタレントのスケジュール調整がうまくいかなかった」

 昨年は「27時間テレビ」に代わり、2夜連続でお笑いと音楽の特番「FNSラフ&ミュージック」が放送されたが、今年も大型バラエティーを検討しているという。

 放送を楽しみにしていた人にとっては残念なニュースなだが、一方では厳しい意見もある。

 それは「いろんな意味で放送休止は英断だと思うけど、コロナのせいにするなよ(笑)」「コロナ関係なく、『27時間テレビ』自体がオワコンだと思うけどな」「視聴率取れないし、採算もとれないし、むしろやらなくて済んで、フジテレビもホッとしてるだろ」「いい加減、日テレに対抗するのやめて、終わらせちゃえばいいのに」などなど。放送担当記者が嘆息する。

「本家の『24時間テレビ』は、20年は平均視聴率15.5%、21年は12.0%と下がり気味なものの、『27時間テレビ』はそれ以上に数字が取れず、16年からは平均視聴率1桁台に突入。最後の放送となった19年に至っては5.8%と、番組歴代最低を記録しています。つまりコロナがあろうがなかろうが、数字面で苦戦することは必至なのです」

 17年、18年放送は生放送ではなく、収録メインでの構成。生放送にこだわらないのであれば、ウイルス感染への安全面をある程度は確保でき、コツコツ収録していくぶんにはタレントの調整もとれるだろう。

「実際、収録メインから生放送メインに切り替えた19年に過去最低視聴率を記録している。単純に採算が取れない、というのが全てでしょうね」(前出・番組関係者)

 新型コロナウイルスが終息した時、フジテレビはどういった決断をするのか。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは