社会

GW明け「鎖国日本」で猛威!「新たな海外ウイルス」の殺人力

 欧米を中心に蔓延する、謎の急性肝炎。世界12カ国で169例が報告されており、日本でも3例が報告された。肝臓移植が必要なほど重症の子供たちはアデノウイルスに感染しており、中にはコロナウイルスに重複感染している子供もいた。

 イギリスとアメリカの保健当局も、アデノウイルスと関連に注目している。

「中国が北京までロックダウンしたのは、実はコロナではなく、このアデノウイルス隠しではないか、と訝しむ声も上がっています」(感染症専門医)

 かつてアデノウイルスは2006年から2008年にかけて、アメリカで猛毒株に突然変異し、アラスカの先住民集落を危機的状況に陥れたことがある。激症肝炎を起こすウイルスを、ハワイ帰りの日本人観光客などが持ち帰る可能性があるのだ。

 もっと怖いのが、麻疹だ。WHO(世界保健機関)は昨年比78%も麻疹感染者が増えていると、今年4月に警告を出した。都内では2021年、2022年と、麻疹患者はゼロ。コロナによる鎖国と緊急事態宣言で「無菌」「無ウイルス」の無防備な状態にさらされている。

 感染すれば麻疹にかからないというのはあくまで日本国内のウイルスの話で、2018年には台湾から持ち込まれた麻疹ウイルスで数十人の感染者を出した。麻疹が怖いのは、妊婦感染で胎児死亡を引き起こすからでもある。

 コロナより怖い海外のウイルスから身を守るために、GW明けは細心の注意が必要だ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の元4番打者が驚愕!元バレボール日本代表・益子直美の背筋力は「200キロ」だった
2
「宮田さんはタバコ臭い」体操女子・宮田笙子〝ヘビースモーカー〟証言がもう止まらない
3
相撲史に残るアイコンタクト!横綱・照ノ富士の全勝街道を支える「名勝負」にファンが涙
4
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
5
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体