スポーツ

斎藤雅樹の「12試合連続完投勝利」を止めたのは「夜の外食誘惑」だった

 プロ野球界で「平成の大エース」といえば、元巨人の斎藤雅樹氏の名前が浮かぶ。

 1989年、平成初となる沢村栄治賞に輝くと、以降95年、96年と合計3度獲得。これは金田正一氏、村山実氏といったレジェンドに並ぶ大記録であった。

 そんな斎藤氏が打ち立てた金字塔の中に、89年の「11試合連続完投勝利」の日本記録があるのだが、甲子園球場での「12試合連続完投勝利」を阻止したのは、相手チームの阪神でなく、元チームメイトの槙原寛己氏だった。

「オレが止めた」と放談したのは、メジャーでも活躍した元巨人・上原浩治氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉に出演してのことだ(5月5日付け投稿回)。

 槙原氏によれば、斎藤氏の先発登板前日、断る斎藤氏を強引に食事に誘ったのだという。

「あいつの独自のルーティンの緊張感を、オレが完全に解いちゃったの。12試合連続完投勝利を止めたのは阪神じゃなくて、オレ!」

 しかし、この一連の発言を受けた斎藤氏は「いや、違う違う違う!」と笑顔で否定。食事に誘われたのは事実だが、斎藤氏も翌日の先発登板から自重しており、「朝方まで飲んでたとか、そんなんじゃないから」。

 どうやら槙原氏が話を盛っていたようなのだが、一方で斎藤氏は「マキさんがオレを連れて行ったから負けちゃったんだ」と、ネタにして…。

 デフォルメして話を盛り上げるのは、グラウンド外での息の合ったサインプレーと言ったところだろうか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」