芸能

陣内智則が激白!藤原紀香との結婚が「しんどかった」大失敗理由

 タレントの陣内智則が、5月5日放送のバラエティー番組「かまいたちの知らんけど」(MBS) にゲスト出演。自身のポジションを確立したキッカケが藤原紀香との離婚だった、と明かす場面があった。

 番組中、「陣内さんっていうのが確立されるタイミングってどこやったんですか」と、かまいたち・濱家隆一が質問。陣内は「やっぱ俺は、離婚やと思うよ」と答え、濱家は「珍しいっすね~」と笑った。

 陣内は「めっちゃしんどかったもん。『じん様』言われて。すっごい持ち上げられてたのよ。 芸人って持ち上げられたらしんどいのわかる? 実力伴ってないねん。登場の仕方も『世界一幸せな芸人が登場します!』とか。そんなやつがおもろいこと言ってもウケへんやん」 と吐露。かまいたち・山内健司も「そうですね。下に見られてる方がウケますもんね、絶対」と同調した。

 さらに陣内は「当時俺は、おもろいこと言ったら引かれると思ってた。俺は好青年を演じとかないといけない、みたいな」と振り返り、「そこからボーンって(離婚で)落ちて、そこからやな。楽になった言うたらアレやけど。みんながそれを笑いに変えてくれて、やっと『おいー!』って言える。むちゃくちゃいける、みたいになった」と回想。「芸人ってやっぱ、バカにされてるくらいがいちばんええねんな」と実感したという。放送作家曰く、

「陣内は2009年に紀香と離婚後、17年にフジテレビの松村未央アナと再婚していますが、陣内にとっては松村の方が身の丈に合った相手だったということでしょう。一方、濱家は17年に結婚し、先ごろ第二子となる男児をもうけています。最近は『愛妻家で良い人』のイメージが付き始めていることから、あえて『お姉ちゃん好きや』などと発言をして、好感度が先行し過ぎないように注意を払っていることを番組で明かしていましたね」

 芸人の好感度といえば、明石家さんまも4月に放送された「しゃべくり007大集 会SP!!」(日本テレビ系)で「好感度1位が邪魔やったよね。俺らの笑いにとっては好感度が高かったらアカンねん。下から攻めていかなアカンから」と力説していた。お笑いと好感度のバランスはなかなか難しいようだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」