芸能

「驚くような性行為&バイオレンスを…」吉高由里子が挑む愛欲劇の過激度

「放送は2年後。撮影さえされていないのに、もう酷評の嵐とはいったい…」

 こう言って顔を曇らせるのは、ドラマライターである。

 これは2024年に放送されるNHK大河ドラマ「光る君へ」についてのものだ。平安時代を舞台に、世界最古の女性文学といわれる「源氏物語」の作者、紫式部の人生を描くというストーリー。その主人公・紫式部を演じるのが、吉高由里子なのである。

 吉高は5月11日に都内での記者会見に、脚本を担当する大石静氏らとともに出席。吉高は次のようにスピーチし、意気込みを見せた。

「今回は女性がテーマで、スタッフさんも女性の方が多い。(平安時代は)男の人の社会で動いていた時代かもしれないけれど、女の人に光が差す内容をやっていく上で、たくさんの人に共感していただける主人公を表現できたらと思います」

 ところがこの報道が拡散されるや、ドラマへの期待より、むしろ不安や不満を露わにする大河ファンが続出したという。それが冒頭のドラマライターのコメントに現れたのだが、

「決して吉高さんへの不満ではありません。吉高さんが主演ということについては『演技派だから楽しみ』など、期待する声も少なくない。ドラマ自体への不安や不満ですね。というのも、紫式部を主人公にしていったいどれほど見応えのあるものが展開されるのか『想像がつかない』という意見がとても多かったんです。ぶっちゃければ『つまんなそう』という声だらけでした」(NHK関係者)

 実は先の会見では大石氏も、次のような「危険な展望」を口にしていた。

「紫式部は生没年も不明で日記も残しているけれど、本音は書いていない感じ。これはオリジナルで相当構築できる、挑戦しがいがあるなと。人生最後の懸けだと思って、イチかバチかでお受けしました」

 紫式部については婚姻説も一度か二度かあやふやなように、ドラマになるような確固たる史実やネタがほとんど明らかになっていない…というのが歴史上の認識だ。

 SNS上では「95%捏造でしょう」「タイトルからして、ちょくちょくイケメン光源氏が出てくるファンタジーになりそうwww」「戦いもないのに1年も何をやるの?」「NHKが女性を無理やり主人公にしたいだけの朝ドラ大河」などなど。書ききれないほどの酷評で埋め尽くされている。

 だがこのドラマには、こうしたマイナス要素を駆逐する「ハイライト」が用意されていた。それが会見で大石氏が明言した、

「驚くような『性行為&バイオレンス』を描きたい」

 というものである。紫式部のパートナーたる藤原道長との愛欲劇を指すのだろう。

「演技派」吉高ははたして、どんな過激シーンに挑むのか。ぜひとも驚かせてほしい。

(小机かをる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
2
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史