スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「良血ニシノラブウインクが穴」

 3歳女王の座に就くのはどの馬か。今週は「樫の女王」を決定するオークスがメインとして行われる。フルゲート(18頭)が見込まれており、顔ぶれ多彩な美女たちの競演だ。

 桜の女王に輝いたスターズオンアースを筆頭に、ハナ差及ばなかった桜花賞2着馬ウォーターナビレラ、忘れな草賞(残念桜花賞)を圧勝したアートハウス、2歳女王のサークルオブライフ、トライアルのフローラSを制したエリカヴィータと2着馬パーソナルハイ。さらに、フラワーCを勝ってここ一本に備えたスタニングローズ、桜花賞5着馬のピンハイ、同7着のベルクレスタ、1番人気を背負って10着に敗れ、巻き返しを図るナミュールなど、いずれの馬にもチャンスがありそうな混戦模様。まさに豪華版の一戦だ。

 では、どんな傾向があるのか、過去のデータを見てみよう。馬単が導入されて以降、これまでの19年間、その馬単による万馬券は6回(馬連も6回)。この間、1番人気馬は8勝(2着3回)、2番人気馬は2勝(2着5回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は4回。こう見てみると、堅い時と荒れる時が両極端で、そのあたりの判断が大事ということなのだろう。

 しかし今年は、その判断がなかなか難しい。ハイレベルで力が拮抗しており、そう簡単には収まるまい。

 血統的には、ディープインパクト産駒の活躍を見るまでもなく、サンデーサイレンス系の血統が多く勝ち負けしており、過去19年においてもサンデー系の直仔、またその孫は13勝と、他を圧倒している。そのあたりは頭に入れておいて損はないだろう。

 それからやはり、ジョッキーは一流どころの活躍が目立つ。近5年ではルメール騎手が〈2 1 0 1〉、デムーロ騎手が〈2 0 1 2〉とよく勝ち負けしており、前者が桜花賞馬のスターズオンアース、後者が2歳女王のサークルオブライフに騎乗する。いくら穴党とはいえ、この2頭を軽く見るわけにはいかない。

 混戦模様と前述したが、もろもろ考慮したうえで浮かび上がるのは、ニシノラブウインクである。桜花賞出走組ではなく、評価は一枚落ち。穴党としては格好の狙いと思うからだ。

 フラワーC2着で賞金的には桜花賞への出走も可能だったが、陣営としてはハナから使う気はなかった。しっかり間隔を置いてオークスを目標にしたのは、オーナーサイドの意向でもあり、レース後は短期放牧でリフレッシュ。しっかりと調整を積んできた。

 小手川調教師がオークス挑戦のいきさつを話す。

「これまでは道中我慢させ、しまいを生かす戦法のみだった。しかし前走は2番手で折り合い、早めに抜け出して差されはしたが、あの競馬ができたのは収穫。精神面で成長しており、これならオークスに行けると判断した」

 精神面だけではない。肉体面でもたくましくなり、背腰がしっかりとして「父親(エピファネイア)似になってきた」と、小手川師が目を細めるほどだ。

 父エピファネイアは、菊花賞とジャパンCを制している。距離の不安などあろうはずはなく、むしろ芝2400メートルは歓迎と言っていい。サンデーサイレンスの4×3の近親配合(奇跡の血量)も魅力だが、母系は欧州の一流血脈。女王の座に就くにふさわしい血統馬なのである。

 1週前の追い切りは上がり重点の併せ馬。時計は平凡だったが、しまいの伸びは軽やかで実によかった。強敵相手でも十分やれてよく、馬場がよほど悪くならないかぎり、大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え