スポーツ

大谷翔平VS佐々木朗希「ガチンコ5番勝負」(2)「イッツ、ショータイム!」

 佐々木にはピッチャーとして際立った理想的な特徴がある。スポーツライターが解説する。

「佐々木はフォアボールで崩れることがありません。今季55イニング投げた段階で、四球はたった8個(死球4個、5月21日現在)。例えば、投手・大谷はコントロールに難があり、相手チームは球数を投げさせて、100球に到達させることで攻略が図れる。ところが佐々木の場合は、簡単にツーストライクを取るんです。そして最後に低めのストライクゾーンから落ちる150キロ近いフォークを投げられたら、お手上げ。だから追い込まれる前に打たなければならず、完全試合をやられたオリックスがその後の対戦でも早打ちなのはそのためです」

 四球から崩れて3回をもたないこともあるピッチャー・大谷と比べ、すでに投手としては佐々木のほうが上回っているようにも見える。

「佐々木は160キロのスピードボールを全て制球する能力がある。佐々木が狙ったところに投げれば、大谷でも打てないでしょう」(スポーツライター)

 そろそろ一矢報いたい大谷の3打席目。初球はやはりストレート。キャッチャーの構えは内角ギリギリだが、これが真ん中高めに抜け、大谷が素早く反応。3打席目にして、160キロのストレートを捉える。打球はドン詰まりながら、ライト前にポテンと落ちてヒットとなった。

「キャッチャーの松川が強気のリードで佐々木にストレートを要求しましたが、ボールが高めに抜けてしまった。ヘッドスピードの速い大谷のバットにボールが当たってセカンドの頭を越えましたね」(内藤氏)

 いわゆる“失投”を逃さない大谷らしいバッティングだ。佐々木の失投パターンは2つあるという。

「右バッターとの対戦時に、キャッチャーが外角に構えているのに、シュート回転して真ん中に入ることがあります。それは左バッターの大谷に対しては逃げていくボールとなり問題はないでしょう。ただし、カウントを取りにいったフォークが高く浮くケースは危ない。大谷からすれば、半速球の変化球、高めの球をどう捉えるかにかかってくるでしょう」(スポーツ紙デスク)

 迎えた4打席目。前対戦でヒットを打たれた佐々木が気合いを入れ直す。渾身の直球で簡単にツーストライクに追い込んだ。そして3球目。力勝負にこだわりすぎて力んだか、選択した球種・ストレートが真ん中に。それを大谷が豪快なアッパースイングで捉えた。打球はグングン伸びて、ライトスタンドへ飛び込むホームラン! 実況席からは「イッツ、ショータイム! オオタニサン、スゴイ。キュンデス」という声が響き渡る。

「ストレート中心の配球という条件付きならば、大谷が打つ確率が上がります。ホームランも出るでしょう」(松永氏)

 実際に大谷は、昨季の46ホーマーの9割はピッチャーの失投を仕留めている。100%ストレートを待って、甘い球をミスショットしなければ大谷の勝機は高まるだろう。

 また今回の5打席対戦では、完全試合の3打席とは状況が異なり、フォークで先にも触れたような失投を招く恐れがある。

「これまで100球前後で交代している佐々木は、120~130球投げるような状況になったらどうするのかというのが大きな課題です。好打者を相手にピッチングを続けて後半に入れば、ボールを挟む指の力も当然弱くなってくる。伝家の宝刀・フォークボールといえども、前半と同じ鋭い落ち方をするかはわかりません」(松永氏)

 高校時代には岩手県大会決勝で、将来を見据えた監督の方針により登板を回避。その後、プロ入団後も長らく2軍戦ですら投げることがなかった佐々木。当然、球数制限を超えたピッチングは未知の領域となるだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」