スポーツ

「お嬢様レーサー」最新報告「富樫麗加でございます!」 鼻が敏感すぎて満員電車で座り込んだ

 今週はファン投票による上位選手が競うSG「第49回ボートレースオールスター」(5月24日【火】~29日【日】)がボートレース宮島(広島県廿日市市)で初めて開催されます。

 注目はやはり、ファン投票で1位に輝かれた毒島誠さん(群馬、A1級)でしょう。4月に同じ群馬支部の偉大な先輩、山崎智也さんが電撃引退されただけに、スポーツ紙には「大会初制覇で恩返し」なんて見出しも躍っていましたね。

 初日のドリーム戦は毒島さんが1枠、ファン投票3位の守屋美穂さん(岡山、A1級)、同6位の平高奈菜さん(香川、A1級)も出場されるので、とても楽しみです。

 他にも3月に女子史上初のSG制覇を成し遂げた遠藤エミさん(滋賀、A1級)、昨年のクイーンズクライマックスを制した田口節子さん(岡山、A1級)など、計9人の女子レーサーが出場しますが、個人的には初出場組で同期の郡ちゃん(山崎郡、大阪、A1級)と、莉々ちゃん(倉持莉々、東京、A1級)に注目しています。

 そして来週の5月30日【月】~6月4日【土】まで、ボートレース尼崎(兵庫県尼崎市)でGIII「オールレディース競走 あまがさきピンクルカップ」が開催されます。東京支部や同期の参戦はありませんが、前走「江戸川ヴィーナスシリーズ・Yes!高須クリニック杯」(@ボートレース江戸川/5月11日~16日)で一緒だったトモチ(深尾巴恵、群馬、B1級)が出場します。

 トモチとは、レースのことからプライベートのおバカな話までする仲。しかし先日、諫められてしまいました(苦笑)。私は昔から鼻が超敏感で、つい「クサッ!」と声に出しちゃうんですよ。それも大きな声で。そのことについてトモチが「『クサイ』は相手を傷つけるから『クチャ~イ』にしたほうがいいよ」って。

 ただ本当に苦手なニオイがあって、学生時代には満員電車の中で座り込んだこともありますし、これまでの人生で3回、電車内のニオイに耐えられず、途中下車してトイレに駆け込んだこともあるぐらい。

 でも、今後はトモチの指摘どおり「クサッ!」ではなく、「クチャ~イ」にしようと思います(笑)。

 さて、私はボートレースからつ(佐賀県唐津市)で開催される「日本モーターボート選手会長杯争奪戦」(5月25日【水】~5月29日【日】)に出場します。

 先日の江戸川では4日目に落水したりなど、ファンの方々をはじめ、多くの人に迷惑をかけてしまったので、しっかりとターンができるよう、頑張ります。

【富樫麗加選手・今後の出場予定】

5/25~5/29「日本モーターボート選手会 会長杯」(唐津・一般)

6/5~6/10「ヴィーナスシリーズ第5戦 是政プリンセスカップ」(多摩川・一般)

6/14~6/17「BOATBoyカップ」(下関・一般)

富樫麗加(とがし・れいか):1989年11月8日生まれ。東京支部所属。112期。A2級。13年のデビュー後、白百合女子大卒のお嬢様レーサーとして一躍人気者に。17年5月、ボートレース下関で行われた「トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦」で初優勝。21年3月、ボートレーサーの今泉友吾選手と結婚。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史