スポーツ

「アホ!」たったひと言で退場宣告!星野仙一監督の「超穏やかな抗議」があった

 中日、阪神、楽天で監督を務め、「燃える闘将」の異名も取った星野仙一氏が、退場宣告を受けたのは合計6回だ。

 1987年からセ・リーグ審判員となり、昨年まで35年間在籍、2598試合に出場した元審判員の杉永政信氏が、元巨人・上原浩治氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉に出演(5月23日)。星野監督に一度「退場」を言い渡したことがあるという。

 中日の外国人選手が打席に立った場面で、やや高めの球、さらに低めの球をストライク判定。杉永氏は「結果的に三振だったと思うんですよ」。

 ところが中日のベンチでは、灰皿を蹴飛ばしたと思われる激しい音が響き渡ったそうだ。

 攻守交代の際、中日ベンチに速やかな守備を促した杉永氏に、この外国人選手が「Holy shit」と暴言を吐き、即刻「退場!」。

 すると歩み寄った星野監督が穏やかに「杉ちゃん、あんなに高い球と低い球をストライクって言うたら『Holy shit』言うで、アホ!」。杉永氏も「あ、監督『アホ』言うたでしょう。退場!」とやんわり宣告したのだった。

 これには「え! ウソ!?」と両手で口元を押さえて驚く、アシスタントのフリーアナ・上田まりえ。激しく激高して猛抗議に及ぶ星野監督の印象が強いのは、「プロ野球珍プレー・好プレー」(フジテレビ系)などで繰り返し見たことも一因かもしれない。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談