政治

風邪をこじらせ「肺炎死10万人」でもマスク不要なのに…欧米人が理解できない日本のコロナマスク奇策

 日本は一体いつまでマスクを強要するつもりなのか。

 フランスなどヨーロッパでは日常生活でマスクをしなくなった国があるのに対し、岸田文雄総理はいまだ「マスクせよ」のアナウンスを発し、日本医師会も同様に「終息を確認するまでは外せない」と危機感を煽る。

「少なくとも7月の参院選で与党が勝利という結果を出すまでは、マスク必須を呼び掛ける。外してもかまわないなどと言って少しでもコロナがぶり返せば、参院選に影響しますからね」

 こう話すのは、与党議員秘書である。

「さりとて、参院選で与党が圧勝したとしても、しばらくはマスクが必要との立場から様子見でしょう」

 テレビのワイドショーやニュース番組には感染症の専門医が登場し、いまだに「まだまだ警戒が必要。次の波が来るかもしれないので、マスクは必須」と見解を述べている。

「そうした、いわゆるテレビ番組御用学者にしか出演依頼がなされないので、マスク必須派の警告がタレ流されるのは当然のことですよ」(テレビ制作関係者)

 暑苦しい季節がやってきてもマスクをして屋外を歩き、ジョギングする際もマスクを着けたまま。熱中症対策として、条件付きで外してもいいと政府が申し訳程度にアナウンスしたところで、

「日本人の同調圧力に従う気質の前では、大した効果はありません」

 こう話すのは、感染症に詳しい医療ジャーナリストである。

「日本では毎年約10万人が肺炎で亡くなっています。その大半は高齢者で、風邪をこじらせて、というケースが多い。コロナで亡くなった人数とは比べものにならないほど多いにもかかわらず、風邪の人がいても、周囲の人にまでマスクを強要したりしませんよね。インフルエンザの場合も同じです。しかし、ことコロナに関しては、異常なほどマスクにこだわり続けている。マスクを着用するかどうかは、もう個人が判断する段階にきていると思います。このままでは、未来永劫マスクを外さない異常な国民性を醸成してしまう…」

 欧米が日本のマスク執着を理解できないのも当然だろう。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美