スポーツ

見識を疑うロッテの新外国人調査「暴力と訴訟」でメジャーを追放された素行が…

 千葉ロッテマリーンズの元MLBセーブ王、ロベルト・オスーナ獲得調査報道が、球界内で波紋を広げている。

 ロッテがメキシカン・リーグのメキシコシティ・レッドデビルズに所属するオスーナに興味を示しているという。

 オスーナは2018年4月10日、フランシスコ・ロドリゲスを抜いて23歳62日というMLB史上最年少で通算100セーブに到達。アストロズ在籍の19年には38セーブを記録し、セーブ王のタイトルを獲得している。MLB在籍6年で挙げたセーブは、実に155。27歳という年齢を考えれば、現在もMLBで活躍していても不思議ではない。

 オスーナがMLBでプレーする機会を失った理由は、その素行面にある。ブルージェイズ在籍時の2018年5月8日、当時交際中だった恋人に暴力をふるったDV事件でトロント警察に逮捕され、MLB機構から75試合の出場停止処分を受けた。さらに、他の女性との間にできた子供への養育費未払い問題で、訴訟も起こされている。

 出場停止期間中にアストロズへ移籍。20年オフには退団したが、その後はMLB各球団からは声がかからず、ここ2年は故郷のメキシカン・リーグでのプレーを余儀なくされている。

 DV先進国といわれるアメリカではFBIのデータによると、年間400万人以上の女性がDVの被害に遭っている。それだけに、DV問題には敏感で、当事者であるオスーナと契約する球団がないのも無理はない。

 ロッテがオスーナの獲得に踏み切れば、間違いなく見識を疑われる。ロッテは2016年3月に当時、在籍していたヤマイコ・ナバーロが銃刀法違反で逮捕される事態に見舞われた。当時の熊崎勝彦コミッショナーから「ロッテには外国人選手への対応に留意するように」と注意を受けた前科があるのだ。

 ある球界OBは、こう心配の声を上げる。

「いくら実力があっても、メジャーがプレーさせるのに難色を示している選手を日本でプレーさせるのはいかがなものか。ロッテは佐々木朗希の活躍でいいイメージがある球団。素行に難がある選手の獲得で、佐々木人気に影響が出ては困る」

 ロッテには、昨年3勝(6敗)38セーブの成績を残し、自身2度目のセーブ王に輝いた益田直也という守護神がいる。ましてや井口資仁監督はMLBでのプレー経験を持ち、米球界の状況は理解しているはず。リスクを冒す必要があるのかと、ブーイングが出るのも仕方がないことだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」