スポーツ

前人未踏のダービー6勝!53歳・武豊はなぜ第一線で勝てるのか「肉体の秘密」を専属トレーナーが全激白

「ユタカ! ユタカ!」

 5月29日、東京競馬場に詰めかけた6万2364人の観客から大きな拍手とともに「ユタカコール」が沸き起こった。

 この日行われた「第89回日本ダービー」で武豊騎手が騎乗したのは、単勝3番人気に支持されたドウデュースだ。スポーツ紙記者がレースを振り返る。

「7枠13番からのスタートで道中は後方の13、14番手。4コーナーを回って直線に向くと、抜群の手応えで前にいた馬を次々と交わし、残り200メートルを切ったあたりで先頭に立った。イクイノックスの追撃をクビ差しのいで、ゴール板を駆け抜けたのです。ユタカさんは馬上で何度もガッツポーズを見せ、喜びを表していましたね」

 武がダービーを制したのは、13年のキズナ以来6度目。50代のダービージョッキーは史上初で、「53歳2カ月15日」での制覇は、86年のダイナガリバーで増沢末夫が記録した「48歳7カ月6日」を36年ぶりに塗り替える、史上最年長優勝記録となった。

 リーディング上位に20代から30代の騎手が並ぶ中、なぜ50代の武が第一線で活躍できるのか。「テイクフィジカルコンディショニングジム」(京都市・右京区)の代表で、武の専属トレーナーを務める長谷川聡氏が「肉体の秘密」を明かす。

「ユタカさんは『自分の体は硬い』と言いますが、一般的な50代男性と比較して十分柔軟で、体幹も強い。特に股関節の柔らかさには驚かされます。股関節の柔軟性によって、衝撃を股関節で吸収でき、上半身がブレない。馬にかかる負荷も少なくなる。ユタカさんが特別優れているのは、そうした柔らかさなんです」

 そもそも長谷川氏と武が出会ったのは、10年3月27日に阪神競馬場で行われた「毎日杯」での落馬事故がきっかけ。以降、二人三脚で体のケアに努めてきた。

 専属トレーナーは、天才騎手のさらなる「肉体の秘密」を、発売中の「週刊アサヒ芸能」6月16日号で詳しく明かしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日