スポーツ

ドネアをKOしたのは「井上ナオミ」!? 世紀の世界バンタム級戦後に勃発した「バカ騒動」

 6月7日、さいたまスーパーアリーナで行われたボクシング世界バンタム級の3団体統一戦は、WBAとIBFのベルトを持つモンスター井上尚弥と、WBCのベルトを持つレジェンド、ノニト・ドネアの2年7カ月ぶりの再戦だった。

 結果はご存じの通り、第1ラウンド終了間際、左のフェイントに引っ掛かったドネアの顔面に井上の高速右ショートのカウンターが決まり、ダウンを奪うと、第2Rでまだダメージから回復しないドネアに井上が猛攻。最後は左フックでドネアをマットに沈めた。

 この戦慄の試合に、世界中のボクシングファンがSNSへ投稿したのだが、

「日本国内では井上選手の強さを称えるコメントと、試合後のドネア選手の紳士ぶりに感動したという内容が多かったですね。海外では試合内容についてのものが多く、一様に興奮気味でしたね」(スポーツライター)

 特に目立ったのが、なんと井上の名前の書き間違いだったといい、

「やはり日本人の名前は難しいんでしょう。ドネア選手の綴りを間違える人はほとんどいなかったようですが、井上選手に至ってはInoueときちんと書けない人が続出。おまけにNaoyaというのが聞き取りづらいのか、間違って書き込む人がとても多かった印象です。例えば海外ではナオミという名前の女性が結構多くいたりしますが、そのせいかNaomi Inoue、つまり井上ナオミと書いている人があちらこちらにいたんです(笑)」(前出・スポーツライター)

 また、海外で多かったのは、アンチ井上の負け惜しみだったとも。

「39歳のジイさんを倒しただけ」

「この程度の試合でPFP(パウンド・フォー・パウンド)で井上が1位になったら悪い冗談だ」

 などなど…。

 熱烈ファン、そしてアンチも含め、井上の知名度が軽量級の垣根を越えて、世界に広がったことは間違いないだろう。

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故