社会

史上最悪の大迷惑!ならず者と交渉、殺人、女を妊娠させ放題、一家断絶…破天荒すぎる不良旗本のやりたい放題

 江戸時代の旗本、御家人の中で、悪党と呼ばれた人間は何人かいる。勝海舟の父親・小吉などもそのひとりで、博打こそしなかったが、色街・吉原での遊びを好み、喧嘩に明け暮れた。だが、不良旗本として恐れられていた小吉も小者に思える、希代の悪党旗本がいた。名前を富安九八郎という。

 詳しい経歴は明らかになっていない。それでも、19世紀前半に編さんされ「御実紀」、通称「徳川実紀」の天保九年(1838年)6月29日の記事に、甲府勤番だった富安九八郎が「罪ありて六郷兵庫頭にあづけられた」とある。ただでさえ、甲府城を守る甲府勤番という役職は「山流し」とも呼ばれ、旗本、御家人にとっては究極の窓際ポストだ。その甲府勤番の役職さえも解かれ、六郷兵庫頭が城主の出羽本庄藩へ島流しとなったのだから、不名誉この上ない。

 江戸時代にあったゴシップ紙「文化秘筆」に、僧侶の話が出てくる。当時、僧侶は遊里で遊ぶことを禁じられていた。ところがある裕福な寺の住職が、吉原の遊女を1人、身請けした。そして町中に家を借りて囲った。事実を知ったならず者が「奉行所に訴える」とゆすりにきたという。

 その住職とならず者との間に示談屋として入ったのが、富安だった。結局、住職の罪は発覚。女犯の罪で遠島となり、富安も謹慎となった。

 ご禁制だった鶴を捕獲して食べたこともあった。あるいは、上州から来た絹商人の絹を奪って殺害。その死骸の入った棺桶をわざわざ自分の家の前に置いて「誰かが家の前に置いていった」と無関係を装い、目付に届けたりもした。まさにやりたい放題だ。

 さらに、数多くの女性に手を出し、もうけた男子は12人にも及んだが「やつらが成長したら、月替わりで世話になれる」とうそぶいていたという。

 結局、それらの罪が露見して山形へ島流しとなったが、切腹や死罪にならないのが不思議なほどの、不届きな悪行三昧だろう。

 本人は身から出た錆だが、周囲はたまったものではない。息子たちもアオリを食って改易となり、お家は断絶。富安の小普請組時代の上司も管理責任を問われ、将軍への拝謁を禁じられたという。

 破天荒といえば聞こえがいいが、これほどはた迷惑な旗本はいない。

(道嶋慶)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…