社会

高齢者がテレビドラマを潰す!「ITトリックの意味がわからない」苦情殺到でスポンサーが見限った

 6月16日の放送をもってシリーズ終了した「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)。最終回の視聴率は10%を超え、人気ドラマの最終回にふさわしい、刑事ドラマ史上に残る、どんでん返しのラストが待ち受けていた。ところが──。

「脚本は非常に凝っており、業界内での評判はすこぶる良かった。インターネットを取り巻く技術が日進月歩の今だからこそ、視聴者をあっと言わせる『トリック』が成り立ちました。ところがYahoo!のコメント欄や個人ブログは、最新のIT技術についていけない高齢視聴者からの『意味がわからない』という不満で埋まりました」(制作会社関係者)

 映画「シン・ウルトラマン」のレビューでも、似たような光景を見た。55年前のウルトラマンのテレビ放送を見ていた世代が「昔はよかった」「昔の俳優はよかった」「昭和の特撮はよかった」という自らの思い出自慢で、年寄りマウントを取りまくっている。

 中高年の評判などアテにせず、実際に「シン・ウルトラマン」を見に行ったところ、小学生から大学生まで、

「マーヴェリックは親や祖父母が盛り上がっているだけで、ついていけない。『シン・ウルトラマン』の方が面白かった」

「シン・ウルトラマン」のネガティブな評判もまた、映画で登場する科学技術の進歩についていけない年寄りの恨み節なのだと気が付いた。前出・制作会社関係者は、

「テレビ朝日の木曜のドラマ枠が惜しまれながらも終了するのは、スポンサーが購買力も順応性もない高齢者の視聴者を見限った、ということなのだと合点がいきました。制作側にとってもマンネリを脱し、若い感性や次々と新しい試みを取り入れたいのに、そうすると話題についていけない高齢者がネットで叩き、テレビ局にまで苦情をよこす。制作者はモチベーションが続かないし、若手も育たない」

 こうして視聴者がお気に入りの番組を潰してしまうことになるとは…。

 先日のカンヌ映画祭で主演のソン・ガンホが最優秀男優賞を受賞するなど、高評価を得た「ベイビー・ブローカー」の是枝裕和監督も「日本の映画界は高齢化している」と地盤沈下を危惧していた。

「地上波テレビ局がこのまま高齢者の顔色を窺っていたら、スポンサーはますますYouTubeなどのデジタルコンテンツに奪われるでしょう」(前出・制作会社関係者)

 地上波テレビにはこれからも意欲作を作ってほしいものだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…