政治

プーチン高笑い!インドと中国が原油「転売ヤー」暗躍で経済制裁「骨抜き」の皮肉

 ウクライナ危機の裏で、インドと中国が「転売ヤー」として暗躍。国際社会から非難の声が上がっている。

 ウクライナ侵攻を続けるロシアに対し、西側諸国は厳しい“経済制裁”を発動していることか、ロシア産原油の輸出量は減少しているが、なぜか原油輸出“収入”は大幅に増えているという。一体なぜなのか。

「ロシアが割安な原油を、中国やインドに大量に輸出しているのです。中国の原油輸入元はサウジアラビアを抜いてロシアが首位になり、今年5月には前年比55%増の約842万トンで、過去最高を記録しました。またインドは国内需要の8割を輸入に頼っていますが、5月の原油の輸入元はロシアがイラクに次いで2位に躍り出ています。さらに格安の原油を輸入したインドの石油企業は、石油製品を欧米諸国に高値で売り捌いているのです。これは中国のアジアへ向けた輸出においても同様。もはや両国がやっていることは、ネットオークションサイトの『転売ヤー』と同じといっていいでしょうね」(政治ジャーナリスト)

 ロシアのラブロフ外相は6月4日、西側の制裁による石油輸出への影響はないとして、今年のエネルギー輸出利益は大幅に増加するとの見方を示し、「石油需要が存在し、我々には代替の市場があり、そこですでに販売を増やしている」と強気の姿勢を見せていた。

 中国、インドそれぞれ自国の思惑があるのだろうが、このままでは欧米のロシアに対する経済制裁が骨抜きにされかねない。ネットオークションと違い、取り締まる“運営元”がいないのが歯がゆいところだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
ガーシー砲まみれの綾野剛がテレビマンに高評価のワケは…
4
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
5
広瀬すず、「バスト強調ストレッチ」メイキング映像にファン悶絶!