芸能

飯尾和樹と藤田ニコルが「こんな人は消える」力説した一般人にも使える「世渡り術」

 お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹と、タレントでモデルの藤田ニコルが、7月6日深夜に放送された「あちこちオードリー」(テレビ東京)にゲスト出演し、自身の処世術について語っている。

 番組では「私の教訓どうですか? 芸能界が生きやすくなる参考書を作ろう!」をテーマにMCのお笑いコンビ「オードリー」とゲストたちがトークを展開。ニコルがまず挙げたのが「マネージャーから説教されるタレントは売れない」だった。

 その理由について、

「よく見るんですよ。テレビ出始めの方とか、これから頑張りたい方と一緒になると、始まる前からマネージャーに『絶対に爪痕残してこいよ』って言われたりとか。帰って来てからも『なんで絡みにいかなかったんだ』とか。そうなっちゃうと、ただマネージャーの好きなタレントが出来上がっちゃうだけ。その子の個性とかじゃないじゃないですか。そうなると売れないなって」

 一方の飯尾は「年下からの評判が悪い人とは距離を取ろう」という教訓を紹介。

「年下には行きやすいというか、むき出しにする。人間なんて俺も分かんないしね、醜いから。だんだん年下に図々しくなって。年下から評判が悪い人は、出会って10年以内に変な去り方をします」

 と理由を説明した。放送作家があとを引き取る。

「飯尾はさらに『年下からの評判が悪い人』の逆パターンを挙げて『下に好かれてる奴。それは信用できる。上に嫌われて下に好かれてる方が信用できる』と力説。『上からの評判だけは信用しない方がいい』とも語っていました。番組中、オードリー若林正恭はニコルに対し『あなた、事務所の社長できます!』と、物事を客観視する力を絶賛。飯尾の教訓についても『これ、めっちゃわかります』と共感していた。厳しい世界で生き残っている2人の話だけに、芸能界のみならず、一般社会でも参考になる話と言えるでしょうね」

 どちらも、なかなか示唆に富んだ話だったのである。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方