社会

「重症化リスク低い」は大間違い!?新型コロナBA.5ウイルス「肺増殖」の恐怖

 コロナウイルスがオミクロン株のBA.5に置き換わって以降、新規感染者数は増加するばかり。7月21日には東京都で初めて3万人を突破し、全国でも過去最多の18万人を超え、過去最多となった。

 BA.5は現行のワクチンが効きづらい特性を持つ一方、重症化リスクが低いとの見方が圧倒的だが、ここへ来て気になるデータが現れた。サイエンスライターが説明する。

「東京大学医科研究所の佐藤佳教授によると、BA.5はデルタ株が持っていたL452Rという特徴的な変異を持っているという。つまり、肺で増えやすいという特性を獲得したオミクロン株とも言えるそうなのです」

 いったいどういうことなのか。

「医科学研究所ではBA.5の性質を知るために、ヒトの肺の細胞で実験。BA.2、BA.5それぞれを感染させると、BA.5はBA.2に比べウイルスが18.3 倍も増えたという。そうした結果を踏まえ、BA.2が気管でウイルスが増殖する性質を持つ一方、BA.5は肺でも増殖する可能性があることを指摘したのです」(前出・サイエンスライター)

 またハムスターを使った実験でも同様で、BA.5はBA.2に比べ、肺で感染したウイルスが5~6倍も増加したというのである。

「これはあくまでシャーレの中での実験であり、加えて新型コロナに対する免疫を持たない動物での実験であるため、ワクチン接種で免疫を獲得した人間で同じことが起こるかは分からないそうです。ただし、実験結果によりBA.5がBA.2より感染力が強い上、病原性も高い可能性が出てきたことは確かです」(前出・サイエンスライター)

 佐藤教授は「BA.5はBA.2から明らかに性質が変わっている」と述べ、油断をしないように警鐘を鳴らしている。肺のウイルス増殖は重症化リスクへとつながるだけに、今は予防対策を緩める時期ではないのかもしれない。

(蓮見茂)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す