芸能

「中山美穂、離婚劇」にまつわる、恐るべき復活シナリオ

 結婚12年目にして、ついに離婚秒読み段階に入ったと言われる中山美穂。2002年に歌手で作家の辻仁成と電撃結婚してフランスに渡り、事実上芸能界を引退していたと言ってもいい。そんな彼女に一体何が起きたのか。

「何かと束縛する夫に対して、嫌気がさしたというのが本音でしょう。子供も10歳になり、40代半ばを迎え、復帰するなら今しかないと思ったのではないか」(スポーツ紙デスク)

 また夫の辻仁成に詳しい写真誌カメラマンは、こうも言う。

「辻は近頃イメチェンを図り、今ではサラサラのロン毛に中世的なファッションがウリ。その奇抜なファッションは、中山のみならず子供からもやめて欲しいとクレームが付いていました」

 そんな中で気になるのが、中山の今後の活動である。

「CMの会見を皮切りに、12年ぶりの主演ドラマの話も決まっています。NHK BSプレミアムでシングルマザー役を演じます。相手はKinKiKidsの堂本剛、脚本家は野島伸司ですから話題性もたっぷり。さらに歌手復帰の噂も出ていますよ」(テレビ局関係者)

 この鮮やか過ぎる離婚劇。何か裏にカラクリがあるのではないかと勘ぐりたくもなるが…。

「もちろん、裏でシナリオを描いているのは、中山の所属事務所です。結婚後も中山にもっと仕事をさせたかったのに、パリに連れて行かれ専業主婦にさせられてしまった。離婚後の復活劇は、小泉今日子や内田有紀、藤原紀香で経験済みですから、後は離婚発表のタイミングを待つばかりです」(前出・スポーツ紙デスク)

 さすがは生き馬の目を抜く芸能界。中山美穂の前途に、一点の曇りもなし!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日