スポーツ

元広島・高橋慶彦が今だから明かす「バース、掛布、岡田より嫌いだった」選手の名前

 80年代の阪神タイガースといえば、85年4月17日に巨人・槙原寛己から放った「バックスクリーン3連発」に象徴されるように、ランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布の強力打線が印象的だ。

 その岡田氏を、広島カープ時代に盗塁王3回、最多安打1回獲得した高橋慶彦氏が、自身のYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉に招いたのは7月30日だった。

 その場で高橋氏は当時をこう振り返ったのだ。

「(3、4、5番の)その後(の選手)がイヤやったんよ!」

 その選手とは、73年にドラフト1位で入団した阪神一筋16年の、佐野仙好氏だった。

 高橋氏が言う。

「3、4、5(番)が(ランナーに)出て、残ってるランナーを全部、佐野さんが返したよね」

 これには岡田氏も納得顔で、

「勝負強かったからね、佐野さんね。初代勝利打点王じゃないかな。チャンスばっかり回ってくるもんな、あの打順…」

 岡田氏が回想するように、佐野氏は「最多勝利打点」が日本プロ野球の表彰項目として作られた81年にタイトルを獲得している。「勝利打点」とは、最終的にチームに勝ちをもたらすことになった得点を記録した得点打のことである。だが、88年には公式記録として廃止された(セ・リーグでは89~2000年まで特別賞として表彰)。

 ちなみに「最多勝利打点」は、原辰徳氏(82、83年巨人)、小早川毅彦氏(87年広島)、秋山幸二氏(85、87年西武)、清原和博氏(88年西武)などが表彰された。

 また、セ・パ両リーグで記録したのは落合博満氏(82、85年ロッテ。88年中日)ただ1人である。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美