芸能

本仮屋ユイカがまさかの「スッポンポン写真集」でわかった「2年前より柔らかい」バスト色香

 本仮屋ユイカが自身のYouTubeチャンネルで、9月8日に発売される写真集「私。」のメイキング映像が公開し、ファンの下半身と期待を膨らませている。

「私。」は今年デビュー25周年を迎えるユイカにとって、2年ぶりとなる6冊目の写真集。撮影は奄美大島で2泊3日で行われた。ネットウォッチャーが解説する。

「投稿された動画は、同行した妹のフリーアナ、リイナによって撮影されています。視聴者からは時折登場するそのリイナがユイカにあまりに似ているため、驚きの声も出ていました。が、やはり圧倒的に目を引いたのは、ユイカの文句のつけどころのないナイスバディでしたね」

 奄美伝統の「藍泥染」体験やサーフィンに挑戦したり、プールサイドや草原での撮影風景など、盛りだくさん。これだけでも写真集の仕上がりが楽しみなのだが、映像の後半には、とんでもない告白が待っていた。アイドルライターも興奮を隠せない。

「全ての撮影が終了したところで、ユイカにどのシーンがいちばん好きだったか聞かれたリイナは『スッポンポンの時』と衝撃の返答をしたんです。その直後に滝つぼでの撮影風景の写真が差し込まれるのですが、遠目に見えるユイカの体は(禁)印で隠されて確認できず。ユイカは『スッポンポンじゃないから』と否定していましたが、かなり際どい格好をしていることは間違いなさそうです」

「藍泥染」体験シーンでは白のTシャツ姿で、襟ぐりからこぼれんばかりのバストを見せていたユイカ。その胸については2年前の5冊目の写真集「CANTIK」と比べ「いかにも柔らかそう」と評判で、34歳になり、ますます色香を増しているのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…