スポーツ

上原浩治が思わず唸った「プロ野球歴代三振王10傑」の意外な「順位」

 7月8日、「おかわりくん」の愛称でも知られる西武の中村剛也が、清原和博氏を抜いて歴代1位の1956三振を記録して話題となった。中村は、西武一筋、今シーズン20年目。本塁打王も6度獲得しているだけに「振りも振ったり」といったところだろう。

 それから約1カ月後の8月5日、大リーグでも活躍した元巨人・上原浩治氏が、自身のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉で「歴代三振記録ベスト10を当てる」という企画に挑戦した。

 10位は「鉄人」の愛称で知られた衣笠祥雄(広島)など、上原氏は順調に名前を挙げていくのだが、最後まで残ったのが、5位の秋山幸二(西武、ダイエー)だった。

 秋山といえば、本塁打王を1度獲得しているが、三振はその数を上回るリーグ最多を3度記録している。

「とりあえず1位は中村さん、2位は清原さん、3位は秋山さんで~、と思ってたのにいつのまにか秋山さんが結構抜かれててびっくり」(上原氏)

 ちなみに秋山より上位だったのは、3位の名球会捕手・谷繁元信(横浜、中日)、4位のセ・パ両リーグで本塁打王に輝いた山崎武司(中日、オリックス、楽天)だった。

 こうした「意外な結果のランキング」は、上原はもちろん、視聴者の野球ファンも十分に楽しめたようだ。

 今後も投手篇、守備篇などを期待したい。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…