エンタメ

小保方晴子にハマるトホホな人々(2)ワイドショー的なスター性がある

20140501b

 結果、彼女は本来なかった画像の挿入やトリミングなど、科学者としてはありえないことをやったものの、「悪意はなかった」と言い放ち、各論ではアウトでも総論ではOK、という世論を作り上げた。

「欧米と違って情が先行する日本で、最後のあの涙は決定的でした。なんと完璧なタイミング。ある種の天才です。ある意味、(ロス疑惑の)三浦和義氏のような久々の『ワイドショー的スター』であり、見る者のリビドーに響く存在だったのです。彼女を擁護する人々はメディアや社会のあり方を深く考えず『あ、かわいい』と思ってしまった。人間のギリギリにせっぱ詰まったところって、見ていて萌えますよね。究極に追い込まれた女の美しさ、感情をさらけ出しているところにエロスがあったんだと思います。そのマジックにオジサンたちはまんまとハマッてしまった」(水島教授)

 小保方氏の「萌え会見」から1週間、今度は小保方氏と二人三脚で研究を進めSTAP論文作成を指導したキーマン、笹井芳樹副センター長(52)が会見を開く。笹井氏は論文撤回には同意する一方で、「STAP現象を前提にしないと容易に説明できない部分がある。最も有力な仮説です」と小保方研究を後押しし、「こうした事態を避けてあげることができなかった、アドバイザーとしての力のなさをわびたいと思っています」と、集中砲火を浴びる小保方氏を半ば擁護したのだった。理研関係者が語る。

「STAP細胞は特殊な化学反応をするようですが、実際にはその反応自体は出ておらず、出る“予兆”はあった、と。笹井さんは小保方さんをうまく説得して論文を出させて、もし間違いが指摘されたらあとで訂正すれば問題ない、と言ったとの噂も流れました。STAP細胞を200回以上作ったとする小保方さんの主張は、細胞ができる前段階のことなのかもしれません。それを笹井さんが利用して、理研に入る研究費をもっと増やそうとしたのだと‥‥」

「不適切な関係」が取りざたされた笹井氏もまた、小保方LOVEの「下心」が先走ったのか──。

 さらにこんな話もある。

「STAP論文の共著者の中に、Cという再生医療関連企業の設立者がいます。このC社がSTAP論文発表直前に新株を発行。論文にはC社の細胞シートを使ったとあり、C社の株はその後、ストップ高になって数億円の儲けが出たそうです。一説には、このC社が小保方氏のスポンサーになっているのではないかと言われています。神戸でホテル暮らしをしたり、会見の高額な会場代を支払ったりしたのも、出どころはどこなのかと話題になっていましたから」(科学ライター)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題