スポーツ

巨人「5本塁打18得点で爆勝」でも野村克也が言い当てていた「弱いチームの象徴」データ

「弱いチームの象徴みたいな試合だなぁ。接戦は勝てないけど、勝つ時は無駄に打つ」

「サイクル本塁打」を達成する計5本塁打を浴びせての大勝にも、巨人党は不満タラタラだ。

 9月7日のDeNA戦(東京ドーム)は、グレゴリー・ポランコが20号、21号を連発すると、アダム・ウォーカーが20号の満塁弾を叩き込み、外国人選手揃い踏みの今季20本以上を記録。中田翔にも18号が生まれ、7号を放った吉川尚輝は5打数5安打とフル回転の活躍ぶり。終わってみれば、今季最多となる23安打、18対3の圧勝だった。

 試合後のインタビューで、原辰徳監督はこう振り返っている。

「今日の打線に関しては『いつでもお願いします』というところですけど、チーム全体、個々においてもストレスというかね、少しモヤモヤしてるものがあると思うので、そこは今日のゲームというもので、吹っ切った状態で明日から戦えたらいいな、というふうに思います」

 前日の9月6日に行われたDeNA3連戦の初戦は、延長11回の末に接戦をものにできず、2対1で惜敗していた。そのうっぷんを晴らすがごとく、完膚なきまでに叩きのめす快勝でリベンジしたにもかかわらず飛び出したのが、冒頭の嘆きだったのだ。

 巨人ファンのホンネはまだ続く。

「明日に5点くらい残しといてよ」「このうちの5本ぐらい昨日に回ってればなぁ」──。

 名将・野村克也はかつて、こんな金言を放っている。

「強いチームは接戦で勝ち、負ける時は大敗。弱いチームは接戦で負け、勝つ時は大勝」

 今季の巨人は、1点差負けが14試合、7点差以上をつけての大勝は6試合(9月7日時点)。接戦勝ちと大敗も同じような数字なのだが、野村式「弱いチーム」の特質を示す数字が8月以降、急増している。

 その象徴が7日の試合であり、Bクラスにあえぐ現状が、その結果なのだ。ファンのストレスはどこまで積もるのか──。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意