政治

右翼・民族派が旧統一教会をぶった斬る!「反日カルト教団を許すな」(3)教団の宣伝に血税が…

 この50年超に及ぶ統一教会問題の深い闇を暴いたのは、7月8日、奈良市内で山上徹也容疑者が安倍晋三元総理へ放った凶弾だった。蜷川氏がその功罪を問う。

「山上容疑者は肉親の怨恨により犯行に及んだが、『一発の銃声は十萬の動員に勝る』という結果となった。旧統一教会の反日思想が明るみになったわけだが、この間、日本人は統一教会が名前を変えたことに誰も興味を持っていなかった。その意味で山上容疑者の起こしたことは意味があった」

 未曽有の銃撃事件を評価しながらも、こう続ける。

「今回の事件では、当初被害者の安倍さんに同情が集まっていたが、今は批判に変わっているのは気の毒なことだ。それも統一教会の怨念、本当の意味での天誅なのかもしれない。近代史を振り返れば、原敬や浅沼稲次郎の暗殺事件があったが、それにより政友会や社会党がなくなったわけではない。しかし、自民党は真の政党を目指すならウソを重ねないでオープンな政治をしなければ危うい。27日の国葬がチャンスになるだろう」

 事件から6日後の7月14日、岸田文雄総理は、安倍元総理の国葬を行うと発表した。これを危惧するのが、下山氏だ。

「山上容疑者は戦後の政治と宗教問題、統一教会と自民党の闇を暴いた。しかし、国葬には反対します。すでに韓国の旧統一教会イベントで先んじて安倍元総理の写真を掲げ追悼していた。この上、血税を投じて大々的な国葬を行えば再び旧統一教会の宣伝になってしまう可能性があるのです」

 87年から昨年までの35年間で霊感商法による被害は約1237億円。これ以上、盗人に追い銭はまかりならないのだ。犬塚氏が大局的な見地から語る。

「家庭を崩壊された山上容疑者は統一教会幹部を直接狙わずに安倍元総理を狙った。今、統一教会は窮地に追いやられており、結果的にテロは有効だったと言える。一方、安倍元総理は前日に急きょ演説場所を容疑者のいる奈良に変更した。まるで自らまっすぐ死に場所に向かっていったようだ。森友・加計問題など批判を受けたが、長い歴史の中で見れば非業の死を遂げたことでますます存在感が強まったともいえる。その評価はこれから下されるはずでしょう」

 国葬に関して、二階俊博元幹事長は「やらなきゃバカ」とのたまったが、このままでは列島分断は必至。当の安倍氏は草葉の陰から9.27国葬をどう見るのだろうか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから