芸能

萬屋錦之介の葬儀に集結「3人の妻」のプライド激突/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 横浜流星が宮本武蔵を演じる主演舞台「巌流島」が、来年2月から全国8カ所で上演されることが決まった。同作で佐々木小次郎を演じる、歌舞伎役者で俳優の中村隼人は、かつて武蔵役で絶大な人気を博した萬屋錦之介の又甥。

 そんなこともあり、中村は、

「宮本武蔵といえば、大叔父が演じていたイメージが強く、男臭くてカッコいい世界観に憧れていた。自分にしかできない武蔵のライバル、小次郎を作っていければ」

 と、舞台へかける思いもひとしおである。

 中村が言うように、テレビ時代劇「子連れ狼」(日本テレビ系)は20%前後の視聴率をたたき出し、78年に公開された映画「柳生一族の陰謀」(東映)では、日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞するなど、萬屋はまさに昭和を代表する名優・大スターだった。

 だが半面、私生活では3度の結婚、事務所倒産、重症筋無力症での闘病と、その生涯はまさに波乱万丈。そんな萬屋が8カ月に及ぶ中咽頭ガンとの闘いの末、64歳で亡くなったのが、97年3月10日だった。

 3月13日の通夜、翌14日に行われた告別式は、異様な緊張感に包まれた。というのも、この通夜には本妻・甲にしきのほか、前妻である淡路恵子、さらに前々妻の有馬稲子も参列。焼香後、報道陣の囲み取材で有馬は、

「今日は伺うかどうか、ずいぶん考えたんですけど、この機会を逃すともうお会いできないと思ったので、勇気をふり絞ってきました」

 結婚生活はわずか4年ながら、いまだ思い出を昇華できないという心情を吐露。

 一方、20年間夫婦として生活してきた淡路は、妹のように可愛がっていた甲に妻の座を奪われたこともあり、報道陣から、献身的に夫に尽くしてきた甲に対する気持ちを聞かれ、

「家内だったら当たり前ですよ。私もそうしました」

 としつつも、

「甲さんの顔は見てませんでしたし、声もかけませんでした。(萬屋の)写真だけを見ていました」

 かつて、自身も萬屋の闘病生活を支えていた当時を思い出したのか、思わず「主人が…」と呟くと、チクリとひと言。

「私と一緒に病気と闘って、あの時は勝ったんですけどね」

 淡路は90年に亡くなった、萬屋との間にできた息子・晃廣さん(享年22)のへその緒を前日、萬屋の弟・中村嘉葎雄に託し、

「あの人、寂しがり屋だし、そうすると怖くないかなと思って。ほかには私、何もしてあげられませんし…」

 と目を伏せた。くしくも葬儀で顔を合わせることになった「妻たち」の言葉には、埋まらない溝を見たような気がした。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」