スポーツ

世紀の一戦で…メイウェザーに花束投げつけ「品性下劣な男」の「真の目的」

 9月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された総合格闘技イベント「RIZIN.38」で発生した「前代未聞の愚行」が世間に衝撃を与えている。

 問題のシーンがあったのは、最大の目玉だったフロイド・メイウェザーVS朝倉未来の試合直前。リングでメイウェザーに花束を渡す役割を務めた政治団体「ごぼうの党」の奥野卓志代表が、花束を投げ捨てたのだ。メイウェザーはポカンとした表情になる一方で、この行為に、会場からは大ブーイングが沸き起った。

 TwitterではWBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥が「メイウェザーに謝罪したい気持ちになったのは俺だけじゃないはず」と綴ったほか、きゃりーぱみゅぱみゅが「花束落とすくだり胸糞悪かったですね。心臓がきゅーってなった最悪」と苦言を呈するなど、芸能界からも批判の声が相次いだ。

 奥野代表の「花束投げ捨て」にRIZINの榊原信行CEOは「メイウェザーと朝倉未来戦の冒頭に、本当に情けない行為を働いた人間がいます。品性下劣な男をリングに上げたことを、この場を借りてお詫びします」と、奥野代表への怒りをこめて謝罪した。

 なぜ奥野代表は、このような愚行に及んだのか。

「一部メディアの取材に対して奥野代表は、メイウェザーとはもともと面識があり、過去に不快に感じる出来事があったとのこと。『非礼には非礼、無礼には無礼でやっただけ』と語っていましたが、目的は別にあると思いますよ」

 と語るのは、政治部記者だ。続けてその「目的」については、

「炎上による知名度アップです。YouTubeなどで奥野代表は『まもなく緊急事態条項が可決される』『なんとしても国民で止めなければならない』と主張していて、このところ『もう時間がない』と焦りを露わにしていました。自らの主張を世の中に広めるため、急激に知名度を上げる必要があると考えていたのでしょうね」

 花束を拾い上げるメイウェザーの株が急上昇した瞬間でもあった。

(川瀬大輔)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論