女子アナ

「安倍国葬」司会にフジテレビ女子アナ抜擢の裏で囁かれた「仰天起用プラン」

 9月27日に行われた安倍晋三元総理の国葬で、フジテレビの島田彩夏アナが司会を務めた。

「一部からは『なぜ島田アナが?』と疑問の声も上がっていましたが、彼女はこれまで『FNNスピーク』や『新報道2001』『プライムニュース』など報道畑を歩み、エグゼクティブアナウンサーの肩書を持つ大ベテラン。白羽の矢が立っても、なんらおかしくはない。ちなみに彼女は現在、メインを務める『Live News days』で、フリーアナの加藤綾子に代わり10月から『Live News イット!』で司会を担当する宮司愛海アナの教育係も任されていました。上層部の信頼の厚さがうかがえます」(女子アナウォッチャー)

 その一方で、今回の国葬の司会については「あの人でよかったのでは」との指摘も、一部から上がっていた。

「フリーアナの滝川クリステルです。認知度も高く、あの『お・も・て・な・し』で、世間では『国家事業絡みのフリーアナといえば滝クリ』という印象がついたからではないでしょうか。安倍氏とは、その東京五輪の実現を後押ししたつながりもありますからね。ただ、国葬については自民党・小泉進次郎氏の妻ということから、バランスを欠くという意味で、外された可能性はあります」(夕刊紙記者)

 最近の滝川については、こんな見方もある。

「13年、アルゼンチンで開かれたIOC総会での五輪誘致プレゼンは、一大決心で臨んだ大舞台。プレッシャーはかなりのものだったといいます、それがいざ開催後、フタを開けてみれば汚職疑惑まみれの実態が明らかになり、逮捕者まで出る始末。彼女としても、国家事業に付き合わされるのはもう…というのが本音なのかもしれません」(前出・夕刊紙記者)

 滝クリの心中や、いかに。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」