スポーツ

「BIGBOSSやめた!」最下位・新庄日本ハムが72年ぶりに塗り替えた「考えられない数字」

 今季のプロ野球は、数十年ぶりの記録達成が相次いだ。順に見ていこう。

 4月10日、ロッテ・佐々木朗希が巨人・槙原寛己以来となる、28年ぶりの完全試合をオリックス戦で達成。

 9月13日、ヤクルト・村上宗隆が日本人選手では最多タイのシーズン55号本塁打を放つ。これは巨人・王貞治以来となる、58年ぶりの快挙だった。村上が三冠王達成となれば、ダイエー・松中信彦が04年に達成して以来、18年ぶりとなる。

 そして、これらより年月でははるか上をいく、72年ぶりに記録を塗り替えたのが、日本ハムの左腕・加藤貴之だった。規定投球回数に達しての「11与四球」は2リーグ制以降、50年に記録した阪急・野口二郎の「14与四球」を上回る快挙なのだ。

 その日本ハムは、9月28日の本拠地最終戦後のセレモニーで、新庄剛志監督がファンに向けて挨拶。最下位に終わった今季の戦いぶりを詫びるとともに、

「今シーズンをもって、BIGBOSSのユニフォームを脱ぎます」

 と宣言したのだ。すわ、電撃退任かと思いきや、すかさず「SHINJO」と書かれたユニフォームに袖を通す。登録名変更で来季続行、だった。続けて、来季の開幕投手について「加藤(貴之)投手に任せたいと思います」と12球団最速で、サプライズ予告したのである。

 これを受けて、野球解説者の高木豊氏は、YouTubeチャンネル〈高木豊 Takagi Yutaka〉で、次のように論じている。

「(加藤のシーズン11与四球は)考えられない数字なんよね。これは首位打者とかさ、最多勝や防御率よりもすごい数字で」

 今季はBIGBOSSの話題性抜群の言動が、球界を大いに盛り上げた。来季はBIGBOSS改め「SHINJO」の一挙手一投足が注目されることだろう。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論