芸能

ガリベンズ矢野「妻との出会いはマッチングアプリ」

テリー 今、41歳でしょう。結婚は?

矢野 去年しました。

テリー どのぐらい付き合ったの?

矢野 けっこう短くて、3カ月ぐらいですかね。マッチングアプリで知り合って。

テリー あ、そうなんだ。いいねぇ。マッチングアプリは前からやってたの?

矢野 いや、その時が初めてで。僕、マッチングアプリ反対派だったんですよ。出会い系だと思ってて。でも、やったこともないのに反対するのは良くないから実験しようと思ってやってみたら、向こうから「(上田)晋也さんですか」と。

テリー メッセージが来たんだ。

矢野 はい。「もしかしたらガリベンズ矢野かもしれない」ってカマかけてきたんですよ。だから、「たまに晋也です」とか返して。

テリー アハハ、さすが。

矢野 で、会うことになったんですけど、すごい普通の子が来たんですよ。マッチングアプリって自分の写真を加工してる人が多いから、全然違う子が来ることが多いらしいんですけど、写真より可愛い感じで。

テリー へぇ。それだけでちょっと信頼できるね。どんな初デートだったの?

矢野 「僕がよく行くところに行きたいんですけど」って、狭い焼き鳥屋に連れて行って、そのあとカラオケへ。2時間ぐらいですね。

テリー キスとかは?

矢野 それが僕、しなかったんですよ。でも、あとで聞いたら、それが良かったみたいで。

テリー どういうこと?

矢野 「あの時に手を握ったりキスしてきたら、『あ、カラダ目的だ』って思うけど、あなたは何もしなかったから、そこが良かった」って。

テリー そうか。俺はすぐスケベなことしようとするからダメなんだな(笑)。で、すぐ付き合うことになったの?

矢野 そうですね。その時に「付き合ってください」って言われたんですよ。

テリー え、向こうから?

矢野 はい。それで「3日間ちょっと試験させてください」って言ったんです。

テリー え、なに、それ。全然モテないのに偉そうに。

矢野 いや、違うんです(笑)。向こうが僕のことを芸能人だと思って、「いつもご飯は六本木とか青山で食べてるんでしょう」とか「いつも周りにキレイな女性がいるんでしょう」って勘違いされてたらイヤだと思って、3日間、僕がよく行く店とか、よく遊ぶ仲間とかを紹介しようと思ったんですよ。

テリー ああ、なるほど。それはわかる。

矢野 で、「僕は生活レベルも高くないし、一緒にいるのはいつもお侍の格好してる『お侍ちゃん』とかの売れない芸人ばっかりですよ」と。「こんな僕でいいんですか?」って聞いたら、「いいです」って言うから付き合い始めて。その時に向こうから「結婚を前提ということでいいですか」って言われたんです。

テリー すごいね、全部奥さんのほうからなんだ?

矢野 はい。だから、ほんとに付き合った期間が短くて。初めて会って3カ月後にはもう親に「この人と結婚する」って紹介してました。

テリー じゃあ結局、マッチングアプリで最初に出会った女性と結婚したんだね。

矢野 はい。

テリー でも、それ偉いな。俺なんか「この子はいい子だけど、まずはキープ」とか言って、そのまま続けそうだよ。

矢野 僕も昔だったらそうしてたかもしれないですけど、もう39歳とかだったので。

テリー 理論武装して、ひろゆきみたいな口説き方はしなかったの?

矢野 してないですね。その時はまだひろゆきさんのマネはやってなかったんですよ(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察