政治

覚悟の店じまい「昭恵夫人はついに衆院山口4区補選への出馬を決意した」という地元の声

 アッキーこと安倍昭恵氏が東京・神田にオーナーとしてオープンさせた和食居酒屋「UZU」が、この10月末をもって店じまいとなる。同店の公式サイトにも、「閉店のお知らせ」と題して、次のように告知されている。

〈2012年10月より営業してまいりましたが、2022年10月31日をもちまして閉店させていただきます〉

 ただし、話はこれで終わりにはならない。というのも、今回の突然の店じまいを受け、故安倍晋三元総理の地元・山口の支援者らの間から「昭恵夫人が衆院山口4区補選への出馬をついに決意した」との声が、昂然と湧き上がっているからだ。

 安倍氏の死去に伴う衆院山口4区補選は目下、1票の格差を巡る訴訟が最高裁で続いていることから、来年4月以降に実施される見込みとされている。

 今年7月、昭恵夫人は安倍派の会合で「出馬の意思はない」旨を明言していたが、その後、地元の支援者らから昭恵夫人の出馬を待望する声が噴出。

 それでも昭恵夫人は出馬を固辞し続けていたが、9月27日に行われた安倍氏の国葬儀、今回の突然の店じまい、そして10月15日に下関市の海峡メッセで開催が予定されている県民葬をひとつの区切りとして、一転、補選出馬に踏み切るというのだ。

 地元・山口の政界関係者も、次のように指摘する。

「失意の昭恵さんが、心の整理をどうつけるか、ここが最大のポイントです。既成事実のように『安倍さんの後継者として出馬すべきだ』では、昭恵さんもさすがに首をタテには振らないでしょう。しかし『安倍さんが務めるはずだった次期衆院選までの任期を、安倍さんに代わって全うしてほしい』ということなら、昭恵さんも気持ちを整理することができるのではないでしょうか。この際だから断言しますが、その先の衆院選に続けて出馬するかは別として、昭恵さんは少なくとも補選には出るはずです」

 アッキーが電撃出馬すれば、弔い合戦の追い風も味方して、歴史的な圧勝劇となる公算は高い。昭恵夫人の動向からは、しばらく目が離せない。

(森省歩)

ジャーナリスト、ノンフィクション作家。1961年、北海道生まれ。慶應義塾大学文学部卒。出版社勤務後、1992年に独立。月刊誌や週刊誌を中心に政治、経済、社会など幅広いテーマで記事を発表しているが、2012年の大腸ガン手術後は、医療記事も精力的に手がけている。著書は「田中角栄に消えた闇ガネ」(講談社)、「鳩山由紀夫と鳩山家四代」(中公新書ラクレ)、「ドキュメント自殺」(KKベストセラーズ)など。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す