スポーツ

「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏

 なぜ、巨人・坂本勇人の「中絶トラブル」は不問なのか。ここにきて、球界内では坂本の騒動が再びクローズアップされている。

 コトの発端は今年10月、SNSを通じて知り合った30代の女性を妊娠させ、中絶を強要するというトラブルを引き起こした広島・中村奨成の契約更改だった。10月21日、広島・マツダスタジアムで交渉に臨み、100万円減の年俸800万円(推定)でサインしたからだ。

 確かに中村の今季の出場はわずか27試合で、打率1割9分3厘、0本塁打に終わっている。だが、フロントから「野球に真摯に向き合うように」という注意を受けた上、秋季キャンプへの参加も許可されなかった。地元テレビ局関係者が説明する。

「広島の野球界は広島商業、広島工業、広陵…この3校の出身者を中心に回っている。その意向は地元の政財界にも及んでいるといっていい。中村の扱いを間違えると、今後にどんな影響が出るか分からない。独立採算の広島カープとしては、広陵出身の中村に対する配慮はあったでしょう。それでもこの処分はかなり厳しい」

 中村は広陵高時代の17年夏の甲子園で、大会史上最多の6本塁打をマーク。同年ドラフト1位で入団し、広島待望の大型捕手として将来を期待されてきた。だが、プロ通算5年間で、わずか2本塁打。インサイドワークにも難があると指摘され、外野へのコンバートが再三検討されている。新井体制になる来年は、まさに正念場。そう考えれば、アピールの場になる秋季キャンプにも呼ばれないのは、戦力外の扱いといっていい。

 在阪スポーツ紙遊軍記者も、

「このままなら12月に行われる『現役ドラフト』のリスト入りもありうるでしょうね。とはいえ、素行面の問題が発覚した選手を取る球団はない。広島に残るとしても、首の皮1枚です」

 と現状を解説する。

 それに比べて坂本は、秋季キャンプ参加を直訴したことが美談のように扱われ、今後も球団から騒動のペナルティーを科される可能性はない。せいぜい原監督が「キャプテン」を剥奪したぐらいで、処分といえるほどのものではなかろう。球界OBは怒りに震えながら、

「中村も坂本もやらかしたことは同じなのに、一方は処分を受け、一方に何もないのはおかしい。巨人は何を考えているのか」

 故・正力松太郎氏が残した「巨人軍は紳士たれ」は今やすっかり昔の話だ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」