エンタメ

元プロ棋士が「無差別殺害」錯乱予告の衝撃!「ガソリン撒いて火つけたってもええんやぞ」

 昨年4月に現役を引退した元プロ棋士の橋本崇載氏が11月28日にかなりのハイペースでTwitterを更新。その不穏な内容に、将棋ファンから心配の声があがっている。情報誌記者が言う。

「橋本氏は『ずっと孤独だった もう限界』『一週間前死ねればよかった』などとツイートを連投。ハイペース更新について『いま鬼ツイしてるのは生きている証だけ残そうとしている感じです』とも綴っており、精神的に不安定な状況が分かります。現役時代は“ハッシー”の愛称でファンから親しまれていた橋本氏ですが、プライベートでは家庭内トラブルに悩まされていました。2019年、待望の長男が誕生したすぐ後に夫婦関係が悪化。『一緒に暮らしたくない』という書き置きだけを残し、妻が生後4カ月の息子を連れて去ってしまうというトラブルに発展していたのです。この家庭内トラブルがプロ引退の理由だと自身のYouTubeで明かしたことで、当時は“人気棋士の電撃引退”と“子供の連れ去り問題”の両側面から大きく注目されました」

 橋本氏は子供の連れ去り問題について、SNSやメディアを通じて賢明に訴えていたのだが、この日はかなりの荒れっぷり。ついには投稿で無差別殺害をほのめかしてしまう。

「養育費も払わないクソ野郎がグチャグチャ言うなと言われたって 払いたくても払いようもない こんな理不尽にもずっと耐え続けて 替えの効かない仕事辞める羽目になって」「これがわからない世の中なんて無差別殺害起こしてから自死したるわ」

 さらに怒りの矛先は司法にも向かう。裁判に関わったと思われる人物の本名まで記載しながら、「そんな奴らの言う事守る必要あるか 反社会組織が」「互いを中傷しないが裁判所での取り決めだったけどもう関係ないわ」「ガソリン撒いて火つけたってもええんやぞ なめんな」と、投稿を続けた。

「ここまで明確な敵意を表すツイートに、さすがのファンも擁護しきれず。《そこまで言うと逮捕されちゃいますよ!》《これはまずい。橋本君好きなんだけどこれは捕まっちゃうやん》と心配の声があがっています。橋本氏は怒りのツイートの他にも、息子や元妻、元親族の本名や住所などを晒すツイートも投稿。橋本氏本人と、元家族の安否が心配されています」(前出・情報誌記者)

「連れ去り」「実子誘拐」と呼ばれる夫婦間トラブルは、なにも橋本氏だけに起きている問題ではない。同問題についてSNSやメディアで訴える橋本氏の姿勢は、連れ去り被害者たちの希望となっていたのだが…。

(浜野ふみ)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す