スポーツ

スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意

 スペイン戦を前に、本田圭佑が自身のTwitterでつぶやいた内容が憶測を呼んでいる。

「既得権益はなくならない。問題は本当に優秀な人に権力者(リーダー)になってもらわないといけない。相応しくない権力者たちには申し訳ないけど、退場してもらうか違う役回りを担ってもらうしかない」

 日本サッカー協会批判ともとれる投稿は、コスタリカ戦に敗退した翌日に行われた。本田は森保ジャパンが見せたコスタリカ戦での「ブレブレの采配」に苦言も呈している。

「伊藤洋輝さんに関して。安易な批判はやめるべき。監督が指示してない可能性もある。選手ってのはコーチング1つで1流にも2流にもなりえる」

 ドイツ戦とコスタリカ戦では全く別のチームのように見えた日本代表に、何が起きているのか。サッカー担当記者が言う。

「コスタリカ戦は、森保一監督が何を考えているのか全くわからない試合展開でした。ロシア大会から指摘されていましたが、日本サッカー協会は監督の采配、代表選考から先発メンバーにまで圧力をかけてくると聞きます。ご存知の通り、日本流の忖度が理解できないハリルホジッチ氏は電撃解任されました。田嶋幸三会長はサッカー協会の副会長に、電通出身の岩上和道・現なでしこリーグ理事長を据え、会長続投が決まった際の挨拶で、真っ先に『キリンとアディダスに感謝』と述べました。それほど、あからさまに日本代表をスポンサーの駒としか思っていないように感じさせる人物です。ドイツ戦で疲労困憊したメンバーを休めたいという森保監督の思惑もあったでしょうが、日曜のゴールデンタイムという高視聴率が期待される試合に、森保監督の戦略とは異なる選手起用の圧力があったのでは、と勘繰る人は多い」

 その上で、1次リーグ最後の大一番については、

「スペイン戦では久保建英を起用するでしょう。守備に不安のある久保は、森保監督の戦術上は起用法が難しい選手ですが、スポンサーにウケがよく、スペインサッカーを熟知している。協会を黙らせるためにも、久保起用は必須です」(前出・サッカー担当記者)

 はたして結果は…。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」