事件

「栃木県今市市・小1女児殺害事件」で逮捕された勝又容疑者とは?(3)ゆがみきった性癖

 とはいえ、捜査関係者によると、本人はいまだに「半落ち状態」。凶器に使われたナイフや有希ちゃんの衣類はゴミ収集で処分したと供述。犯行に使ったと見られる白いセダン車やランドセルも処分している。

「本人の自供頼りで、裁判で殺人について、絶対の有罪に持って行ける物証がない。死体遺棄罪は3年の時効が成立しており、もし、腕利きの弁護士がつき、裁判で勝又が『誘導尋問に引っ掛かった』と供述を翻すと、どうなるかわからない状態です」(社会部デスク)

 勝又容疑者は昨年7月にはツイッターで、

〈ランドセルはよ!! 実装はよ! スク水+ランドセル、最強な組み合わせ!! 実装したら本気出す!〉

 と、このようにツイートしているのだ。

「これは、勝又が好んでいたパソコンゲームに登場する少女にランドセルとスクール水着のアイテムを着せたい、という意味。幼児趣味は事件当時と変わらず、その幼児への執着から裁判で無罪を主張しかねない」(地元記者)

 それにしても、勝又容疑者が犯人ではないかと元義父のAさんが気づいていたなら、母親はどうだったのか。

「Aさんが事件後、勝又の母親に勝又の怪しい言動について問いただすと烈火のごとく怒り、『黙ってろ!』と、義父の言葉を封じたそうです」(地元記者)

 Aさんの思いを聞こうと現在の自宅を訪ねたが、家の中からは「私は何もわかりません」という声が返ってくるだけだった。

「有希ちゃんにごめんなさいと言いたい」

 取り調べでそう語っているという勝又容疑者だが、いくら謝っても、遺族たちの深く傷ついた心は元には戻らない。そして自身のゆがみきった性癖を、いささかでも悔いているようには、とうてい思えないのである。

カテゴリー: 事件   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
太川陽介「路線バス陣取り合戦」、川崎麻世が2回目で外されたワケとは?
4
松井玲奈、鉄道愛熱弁も「スカートから肌着丸っと見え」疑惑でネット騒然!
5
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた