スポーツ

PK戦で日本に勝った…クロアチア代表が見てきた「命懸けのサッカー地獄」

 またもベスト8の高い壁に阻まれたサッカー日本代表。スコアこそ1対1で迎えたPK戦だったが、一方的な結果に終わった。

「前回W杯で準優勝のクロアチアは、ラウンド16のデンマーク戦、準々決勝のロシア戦をPK戦で勝ち抜きました。決勝のフランス戦を除けば、今回も含め、PK戦2勝を含む10戦負けなし。前回のファイナリストがほとんど残っているクロアチアとの心理戦に負けたGK権田修一は責められない」(サッカーライター)

 延長戦負けなし、クロアチアの強さはどこにあるのか。

「途中交代した主将ルカ・モドリッチは6歳の時に、クロアチア紛争を経験しています。対立するセルビア軍に、暮らしていた村ごと焼かれ、祖父もモドリッチ少年の目の前で殺された。18歳までは、難民施設で暮らしていました。10歳の頃に地元ジュニアクラブ入団を目指すも、栄養失調のため身長も体重も基準以下でかなわず。16歳の時に首都ザグレブのユースに才能を見出され、クラブから与えられた栄養補助食品のおかげで身長が伸び始めたそうです。それでも平均身長182センチのクロアチア代表にあって172センチ、66キロと、恵まれたとは言えない体格で世界一のクラブチーム、レアル・マドリードのMFを37歳の今も務め、世界最優秀選手の称号たるバロンドールを受賞しているのですから、ハンパではありません」(前出・サッカーライター)

 クロアチア紛争は95年に終結したが、クロアチア国内に埋められた地雷の撤去作業は、W杯予選が行われていた21年まで続いた。日本の外務省は今も地雷が完全に除去されていないとして「舗装されていない敷地に入らないよう」注意喚起し、クロアチアの渡航危険レベルを解除していない。

 クロアチア代表イレブンは少年時代、いつ足が吹き飛ばされるかわからない地雷を避けながら、命懸けのサッカー練習をしていたのだから、メンタルの構造からして違うのだ。文字通り「アオハル」を謳歌した日本代表の裏をかくフリーキックなど、お手のものだろう。

 死闘の後は、日本の健闘を称えたモドリッチ。こうなったら、今度こそ世界の頂点に立ってほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに