芸能

芸能界のご意見番「和田アキ子」は何でそんなに“エライ”のか?(1)スタッフもタレントも戦々恐々…

 あたかも芸能界を牛耳る「ボス」のような人物だと、一般大衆は認識していることだろう。他のタレントを堂々と批評し、皆が頭を下げ、恐れおののく。「ゴッド姐ちゃん」と呼ばれる歌手はいったいなぜ、そんな巨大な存在になったのか。「毒舌ご意見番」の地位に君臨するには「理由」があった──。

 自業自得なのか、このところ「アッコにおまかせ!」(TBS系)が集中攻撃を受け、話題になっている。口火を切ったのは、たびたび番組に取材協力してきた落合洋司弁護士だった。

〈アッコにおまかせのスタッフは、実に横着で、わからないことを、自分で調べず、他人に丸投げで聞いてきて、散々説明させ、ギャラも払わず、番組でも何ら紹介せず、ばかり。俺はお前らのアシスタントじゃねーよ。馬鹿が〉

 落合氏は5月31日のツイッターでこう怒りをブチまけ、番組を激烈批判。だが翌6月1日の番組ではこの件には一切触れないばかりか、6月8日の放送では開き直りのような演出で、またもや不評を買った。「お天気コーナー」の路上中継で、番組出演者の出川哲朗(50)の愛車が映ると、ペンを持った子供たちが登場し、車体に「出川のバカ」などと落書き。さらにドッグフードが置かれた運転席と助手席に2匹の犬が放たれると、バクバクと食い散らかす。顔面蒼白の出川に、メインMCの和田アキ子(64)は肩をポンポン叩き、「キレイにしてお返ししますから」。TBS関係者は渋い顔だ。

「この『出川事件』に対し、視聴者からTBSにかなりのクレームが寄せられました。『あれはひどすぎる』と」

 落合氏の批判への反省などみじんも見せない下品な演出で、傲慢・強引を助長することになったのは、和田自身のイメージとかぶるからなのか。和田はいつしか「芸能界のご意見番」と呼ばれ、大物然とし、タレントたちから恐れられる存在になっている‥‥ように見える。「アッコに──」では、11時45分から生放送がある日曜日はスタッフが朝4時からスタンバイ、和田に食べさせる朝食の調理を始めるという。おかずはなんと36種類で、好物のおかゆは共演者の安東弘樹アナ(46)がよそうのがしきたり。放送後には10人以上のスタッフがTBSの玄関まで和田を見送りに出てくるとも。異常なまでの特別扱いなのだ。和田を知る民放局制作スタッフが語る。

「やりすぎですよ。本人を勘違いさせちゃう。TBS以外の局の番組に出演する時も最後に見送る際にチーフプロデューサーが出てきたりする。そこまで祭り上げるのはどうなのか‥‥」

「アッコに──」の出演者をはじめ、和田は取り巻きの「ファミリータレント」を多数抱えている。峰竜太(62)、勝俣州和(49)、カンニング竹山(43)、はるな愛(41)、あびる優(27)、陣内智則(40)、松村邦弘(46)、原口あきまさ(38)、TKO、ますだおかだ‥‥あげればキリがない。芸能ジャーナリスト・安良佳人氏が言う。

「先日、クワバタオハラの小原正子(38)が元メジャーリーガーのマック鈴木氏と結婚する際には『アッコにおまかせ!』放送前に和田に電話で報告している。『番組でネタとして取り上げられるから電話しろよ』と周囲も言いますしね。安田美沙子(32)も結婚が決まった時には真っ先に報告しています。皆が『アッコさん、アッコさん』と持ち上げ、ペコペコし、気を遣う」

「舎弟700人の女番長」という報道もある和田の毎年4月10日に開催される誕生会には、何十人もの芸能人が戦々恐々として駆けつける話は有名だ。また、ネットの検索サイトで「和田アキ子」と打ち込むと、自動的に「何様」という関連ワードが登場する。そしてネット上のさまざまな掲示板や書き込みサイト、個人のブログには、彼女に関する一般大衆の疑問が山のように見受けられる。共通するのは「和田アキ子って何がそんなにエライんですか?」という一文である。

◆アサヒ芸能6/17発売(6/26号)より

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは