芸能

「天然ワンダフル歌謡」って何だ!?三井比佐子の摩訶不思議な世界/「昭和歌謡」大ブーム…この超伝説アイドルを聴け!

 80年代に活躍したアイドルの中には、不安定な音程と歌声ながら、だからこそ一度ハマッたら逃れられない常習性があるとして、絶大な支持を受けたアイドル歌手も少なくない。

 そのひとりが、81年に同じ事務所「オスカープロモーション」の北原佐和子、真鍋ちえみとともに「パンジー」を結成し、翌82年6月にソロとしてシングル「月曜日はシックシック」(VAP)でデビューした、三井比佐子だったのではなかろうか。

 デビュー時のキャッチフレーズは「抱きしめて、青春天使」で、愛称はチャコ。ファーストシングルはAB面共に作詞・高平哲郎、作曲・筒美京平、編曲・船山基紀という布陣で制作されたが、残念ながらオリコン93位と低空スタートとなってしまう。

 3カ月後の9月には、セカンドシングル「デンジャラス・ゾーン(立入禁止)」が発売されるのだが、彼女の集大成となるアルバムが、同年7月発売の「ワンダフル天使」。シングル同様、筒美京平氏が4曲を提供。さらに作家の伊集院静氏もペンネームの「伊達歩」で作詞に参加した。

 レコーディングにはドラムの林立夫(元ティン・パン・アレー)をはじめ、パーカッションに斉藤ノブ、サックスには当時、ユーミンや中島みゆき、ゴダイゴなどのレコーディングで引っ張りだこだったジェイク・コンセプションを起用。豪華布陣が奏でるハイクオリティーな楽曲と三井の歌声が相まって、魔訶不思議な世界が展開されるという、史上屈指の名盤に仕上がったというわけなのである。

 ちなみに「パンジー」はアイドルグループだったが、一緒に歌うことはなく、北原は「王道アイドル歌謡」、真鍋は「超絶テクノ歌謡」と称された。三井だけは「天然ワンダフル歌謡」というおかしな名称で表現されていたことが、記憶に残る。

 結果、三井はシングル2枚、アルバム1枚を残し、芸能界の表舞台から姿を消した。彼女の「ワンダフル歌謡」を存分に体現できる奇跡の一枚、それが「ワンダフル天使」なのである。

(大石怜太)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道