芸能

ジャガー横田をYouTube終了に追い込んだ「詐病放言」のヤバさ

「『ジャガー横田ファミリーチャンネル』、元旦1月1日。今日で終わりにしたいと思います。今までご視聴いただきましてありがとうございます」

 新年早々、女子プロレスラーのジャガー横田が自身のYouTube番組終了を発表した。ネットライターが嘆息する。

「わずか27秒の動画ですが、正月というのに化粧っ気もなく、ボサボサの頭に普段着で登場した横田の表情には生気がなく、疲れ切っていた。先月、愛息の大維志君が自身のインスタグラムで『肝硬変で入院』と詐病を発表したのがまずかった。あまりに不謹慎な内容に、肝臓病の患者会の怒りを買ったのです。しかも横田の実母は、肝硬変で亡くなっている。祖母の死因を詐病に用いる息子の感覚も、ネットユーザーからは見限られていた」

 区切りのいい12月31日ではなく、年を跨いだ1月1日に番組終了するのはただごとではないと、YouTube関係者は言う。

「横田さん本人が番組を終了すると決めたなら、キリもよくスポーツ紙や週刊誌が後追い記事を出しにくい大晦日に番組終了を発表するはずです。ところが1月1日に発表するというのは、YouTube運営側から何かペナルティーが課されたか、夫で医師の木下博勝氏のネット炎上の影響ではないかとみられています」

 夫のネット炎上とは何か。

「木下氏は昨年10月に自身のインスタグラムで、反ワクチン派の投稿に憤慨した。雑音は無視しておけばいいものを、反論したことで大炎上したのです。木下氏は個人的なインスタグラムと、院長を務める『さいたま新都心ジャガークリニック』の公式サイトをリンクさせており、妻の芸名を用いたクリニックの公式見解と混同されても仕方ない。反ワクチン派の中にはSNS運営だけでなく、医療機関を監督する県庁や市役所、女子プロレス団体にも嫌がらせや脅迫に近い苦情を送り続ける人物もいます。横田さんからすれば、自分が夫や子供にイジられるのはいいとしても、芸名を使われて女子プロレスにまで迷惑がかかるのは、さすがに一線を越えたと思うでしょう。この半年間の木下父子の放言は、今までとはシャレにならない次元なんです」(前出・ネットライター)

 いよいよ追い込まれてのYouTube断念だったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬