社会

桜島「今年5度目の噴火」で急浮上!旧石器人を絶滅させた「破局噴火」のシグナル

 1月19日の正午過ぎ、鹿児島県の桜島が今年5回目となる爆発的な噴火を起こした。

 気象台によれば、桜島では14日午前から島内に設置された計測器により、山体の膨張を示すわずかな地殻変動を観測。19日の噴火の際は噴煙が1300メートルにまで上り、その後も山体膨張を示す地殻変動は続いているという。地質学の研究者によれば、

「爆発したのは南岳山頂火口で、問題は今後どこまで膨張が続くか。一気に膨張を解消するような噴火が起きれば、それだけ規模は大きくなる。現状ではまだ大事には至っていませんが、できるだけ早い段階の解消が望まれます」

 活発な活動が続く桜島では、20年6月に火口から1万メートル近くまで噴煙が上がる噴火が、さらに昨年7月にも警戒レベルが最大の「5」となる爆発的な噴火が発生(双方とも南岳山頂火口)。後者では、噴石が火口から約2.5キロ付近まで飛散している。こうした中、いつ発生してもおかしくないと言われているのが「破局噴火」だ。

「桜島は、現在の鹿児島湾全体を火口とした姶良(あいら)カルデラの南縁にあたり、この姶良カルデラからマグマが供給されていると言われます。恐ろしいのは、この巨大カルデラの破局噴火で、前回、約3万年前に発生した際は九州地方から四国地方までの旧石器人が絶滅、火山灰は関東地方にまで飛散したと言われます。桜島の活発化が破局噴火の予兆とは考えたくもありませんが、関連性がないとは言い切れない。いずれにせよ、シグナルである可能性も意識しておかなければなりません」(前出・地質学の研究者)

 3万年前の姶良カルデラの噴火については昨年、産業技術総合研究所が、従来考えられていたよりも規模が1.5倍大きく、鹿児島市内で最大100メートル以上の噴出物が堆積したと発表している。これが再び現実のものとなれば、南海トラフ巨大地震と並び地獄絵図になりそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」