スポーツ

オリックス投手コーチ・入来祐作「無職時代」を救ったのは桑田真澄の「至言」だった

 昨シーズン、オリックスのリーグ連覇と日本一に貢献した入来祐作投手コーチは、周知のように元巨人の右腕だ。

 96年ドラフト1位で巨人入り。01年には自身キャリアハイの13勝で最多勝争いをしたが、14勝を挙げたヤクルト・藤井秀悟にタイトルは奪われた。しかし、最高勝率(当時連盟表彰ナシ)は獲得している。

 巨人で活躍した後は、日本ハム、MLBを挟んで、08年を最後に横浜で引退。その後、横浜で打撃投手兼チームサポーターや用具係を担当したことはよく知られた話だが、巨人時代の先輩投手・桑田真澄氏(現巨人ファーム総監督)のある「ひと言」が心の支えとなったという。

 1月20日、入来氏がYouTubeチャンネル〈野球いっかん!〉に出演し、その桑田氏の言葉を明かした。入来氏はまず、

「(横浜の)編成部長に言われたのが、『入来くん、絶対にキレないでね』って。ちょっと荒っぽいイメージを持たれているんだな、と思った」

 と語り、その時に思い出したのが桑田氏の言葉だったいう。横浜を退団することになった入来氏は、桑田氏に電話をかけた。

「桑田さん、クビになりました。ボクどうしたらいいんだろうか」

 その1週間後に今度は桑田氏から電話があり、大分県で行われる桑田氏の野球教室に誘われたという。そして、羽田空港に戻った際に忘れられない言葉をかけてもらったのだった。

「祐作、これで1カ月メシ食えるかって、お小遣いもらったんですよ。その時に、ボクにひと言だけ、『謙虚でいなさいよ。これからは謙虚でいるんだぞ』って。桑田さんはボクのそれまでの野球人生を遠くで見ていて、お前に必要なことはこれだ、ってことを僕に短い言葉でおっしゃった」

 以来、打撃投手や用具係になったときも、その言葉を肝に銘じて生きてきたという入来氏。当然、オリックスにいても「謙虚さ」は失わなかったはずだ。リーグ連覇、そして日本一は、桑田氏への最高の恩返しとなったことだろう。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」